2012年07月01日

後席3点式シートベルト義務化

ちょっと長いですが、2008年の記事
http://221616.com/corism/articles/0000084501/
平成24年7月全車装備へ…メーカーの対応は?
 ということで、国土交通省も平成18年度3月に道路運送車両の保安基準が改正され、平成24年7月から製造されるすべてのクルマの後席の中央席には3点式シートベルトが装備されることになった。
 そこで注目して欲しいのが、平成18年度3月以降に登場してきている新車。いったいどれほどの新型車に後席の中央席に3点式シートベルトが装備されているかだ。驚くことに2年半ほど経っているのに、輸入車と一部の高級車を除き装着されていないのが現状だ。
 どの自動車メーカーも環境と安全は最重要課題だという。エアバッグも安全ボディもシートベルトを装着していなければ、なんの意味ももたない。ところが、そんな安全装備で最も重要なシートベルトに関して手を抜いているといわざるを得ないのだ。ここ3年ほど、新型車が出るたびにコリズムでは後席中央の3点式シートベルトを装備しないわけを開発者に尋ねてきた。  
 その多くの答えが「コストがかかるから」「後席に3人座ることはあまりないから」「クルマが重くなるので燃費が悪くなるので」「法律は24年の7月からまだいいでしょう」といったところだ。このコメントに、安全性に関して前向きなものは、ほとんど感じない。
 それどころか、同じ車種でヨーロッパやアメリカ向けに輸出しているクルマには、後席中央の席にはしっかりと3点式シートベルトが標準装備されている。それなのになぜ、日本仕様は安全性に劣る2点式のシートベルトをわざわざ作り変えて採用するのか? と問うと、途端に口が重くなる。法律が変わるギリギリまで、シートベルトさえもコストダウンして利益を得ようということなのだろうか。
 こういった考え方がまかり通るのはなぜなのだろう。色々考えた結果、日本のクルマ作りに思想がないのではないからだと感じた。つまり、なににおいてもマーケティング優先の考え方だ。シートベルトを例に出すと、日本のユーザーはそんなことに興味がないから、2点式のシートベルトでも大丈夫。そのほうが儲かる。ヨーロッパやアメリカは、法律でも決められているしユーザーの安全意識も高いので3点式は必須だよね。簡単だがそんな考え方なのではないだろうか。


トラヴィックが7席3点式ベルトが付いていたのに、「7シーター パノラマ ツーリング」のエクシーガがデビューして2列目中央が2点式ベルトだったのはホントがっかりした覚えがあります。
で、まぁようやくその24年7月になったわけですが、

そして最近の記事。
http://www.corism.com/special/life/1801.html
ユーザー不在の安全装備!法規制されないと動かない自動車メーカー、そして、あまりにも中途半端な3点式シートベルトを義務化させた国交省【松下 宏コラム】
5月から6月にかけて、たくさんの車種がマイナーチェンジを実施しました。7月1日から全席に(後席中央にも)3点式シートベルトを備えることが義務化されたため、これに対応するための改良を行ったメーカー・車種が多かったわけです。
 法制化されないと対応しないというメーカーの姿勢には情けないものがありますが、取り敢えず3点式シートベルトの義務化によってクルマの安全性が向上したことは歓迎して良いと思います。


そうだけど、自動車ヒョウーロンカさまたちもそこんとこは一部の人しか指摘してなかったんじゃないかと思うなぁ。
確かにここんところマイナーチェンジが多いかも。
ストリームみたいに7人乗りをなくしてしまうという大胆なことをする車もありますが(笑)
法制化されたのは5年以上前ですから、経過措置終了ギリギリまで対応しないのはコストを意識した株主や10億円近い報酬をもらう人にとって素晴らしい対応なのかもしれませんわ。

話は全然違いますが、トラヴィックかっこいいな。トゥーランと形が似てるけど、なんか違う。
posted by えすぷれそ at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

試乗 ミラ イース

http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

「第3のエコカー」ということで、話題になっているところですが、その完全に止まらないうちにアイドリングストップするってのがどんな感じか体験したかったところでした。ちょうど、部品を注文しに行った工場に試乗車があったので乗せていただきました。

最近の軽自動車は、エッセを試乗して以来ですね。
試乗したのはおそらく最上級グレードのGです。アルミを履いていて、トラクションコントロールが付いていました。シートポジションは高めですが、それでも頭上に余裕があります。

走り出してすぐに信号待ちで停止。でもエンジンはアイドリングしたまま。あれ?と思ったら、エンジンが温まるまでは効かない、とのことです。

数キロ走ってようやくアイドリングストップが効くようになりました。でも、時速7kmって、もうほとんど止まる寸前ですね。すーっとエンジン音が消えます。
停車中、ちょっとブレーキを緩めると、動いてないけどセルがかかる音がしてエンジンが再起動します。ブレーキをより踏み込んでもかかるそうなので、右折待ちとかではブレーキペダルでコントロールできそうです。意外と賢い。

CIMG0624.JPG
やはりデジタルスピードメーターはどうも苦手・・・

エンジン音は、前乗ったエッセより小さいのか、そんなに不快ではないのですが、正しい評価はエッセ乗りさんじゃないとわからんですね。
途中、上り坂で全開にしてみましたが、スピードは伸びないです。でも、何も全開にしないでも、普通に踏んでるだけでちゃんと登る。ボディーの軽さとCVTがいいんでしょうね。
最初は気になっていたアイドリングストップ再起動時の若干のタイムラグやセルの音も、しばらく走ってると慣れてしまいました。もうそうなるとフツウの軽自動車ですね。燃費計がついていたり、ディスプレイの色が変わったりと、単純だけどなんとなくアクセルワークをそういう方にさせる仕組みもあって、
自分のミラターボの倍くらいでしょうか。

CIMG0627.JPG
まぁキャンペーンでいただいたんですが。
1周4.5kmに信号停止12回の街乗りでこんだけ出れば上等かと思います。



タグ:試乗記
posted by えすぷれそ at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

試乗 アルファロメオ MiTo

オフィシャルHP→ http://jp.alfaromeo-jp.com/mito/lineup.html

家グルマとしては6人乗り以上が必須だし、ミラは梅小路の機関車宜しく動態保存の域に入りつつある中、新しい「遊び車」(それも外車)を買う訳にもいかないので、買わないのが明らかなのにディーラーさんに行って車乗せてくれっていうのも申し訳なくって、ちょっと敷居が高くなってしまっている今日この頃です。子ども手当がマニフェストのとおりひとり26k\出たら考えるんだが(爆

そんな中、ネットのバナー広告で、
Alfa Romeo MiTo:アンケートに答えてアマゾンギフト券をもらおう
なんてのを見つけちゃって、MiToに試乗させてもらういい機会だなと思って行ってみました。

もちろんギフト券ほしいんですが(笑)

アルファのMiToは、もともと307SWに乗っていた人のブログ(勝手にリンクしてすみません・・)を見てたらこれに乗り換えていて、またそれがずいぶんと楽しそうなので、気になっていたところであります。

そんなわけで、印刷したアンケート用紙をひらひらさせて、ミラに乗ってディーラーへ。
CIMG0339.jpg

amazonギフト欲しさにボロボロの軽自動車に乗ってアルファに行くなんて、まさに乞食速報地でいくような感じなんだけど、今お世話になってるプジョーさんと同会社なので、割と気楽に入って、応対してくれた若い営業さんに、キャンペーンで来たんで申し訳ないし6人家族なのでアルファは買えないけどせっかくの機会なのでMiTo乗せてくださいな、と言ったら快諾していただきまして。

CIMG0343.jpg
グレードはsprint。ミッションはAlfa TCT(6速乾式デュアルクラッチオートマチックトランスミッション)です。

シートはチルト機構で背もたれの角度はダイヤル調整でサポートの調整まで付いている立派なもの。座り心地も上々。

195/55R16のタイヤが付いたいわば「ベーシックグレード」なんで、外見からもふにゃふにゃを想像してた足ですが、第一印象「硬い」ですね。不快な程ではありません。

シフトもマニュアルモードに入れてこきこきやって遊んでみますが、悪くないです。AL4相手じゃどれもそういう印象かもしれませんが(笑)

車好きの営業さん。試乗車で車談義するのは楽しいです。買うなら商談ばかりする人じゃなくって、こういう人がいいよなと思ってたら、「もう1周してみましょう」と言われ、シフトレバー近くのスイッチを奥へ。

ダイナミックモードってありまして。

アクセル踏んだらぶわぁ〜〜〜〜っと。ちょ、ちょっとこれー楽しいですわ。

これ、低いギアで引っ張るだけじゃなくって、トルクも厚くなってステアリングも重くなるそうで。
エンブレ効くのも乗りやすい。結局そのあとずっとダイナミックモードで走りました。

ノーマルが19.4kgm/4,500rpmのところ、ダイナミックでは23.5/1,750だそうです。最大トルクの回転数低いし。

そんなわけで自分にとっての「初アルファ」ですが、なかなかの好印象でした。
でも、買うとなると207GTとかポロGTIとかアバルトプントエボとかとの比較になるんだろうなと思うし、その中でMiToがどういう評価になるかってとこでしょうね。



タグ:試乗記
posted by えすぷれそ at 12:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

試乗 ホンダストリーム

久々の「試乗」シリーズ(?)。
今回は5ナンバー7シーターのストリームの「自腹試乗」です。
http://www.honda.co.jp/STREAM/

7人乗りだと、
プジョー308SW
WISH
エクシーガ
なんて過去に乗せていただいてます(リンク先は本ブログの過去エントリ)が、前々から乗ってみたい、気になってた車でありました。特に2.0Lの速そうなの。

で、今回は熊本の新出光バジェットレンタカーで車を借りて、来たのがこのストリーム。
2日で約450kmほど走行しました。
熊本キャンペーンとかで、基本料金が4割引となったので、ミニバンクラスが2日で16,000円でした。

P1400480.jpg
グレードはよくわかりません。1.8Lのベースグレードと思われます。

写真ほとんどなくてすいません。

背が低いのが特徴の車ですが、運転席のシートはちょっと高めです。シートが背中に微妙に当たるところがありました。
P1400386.jpg
5速ATですが、シフトレバーがどうも馴染めず、上手く使えなかったのは残念!
3→2速に落とすとき、ボタンを押さないといけないんで、やりづらいんです。
インパネにあってちょこっと動かすってのも慣れない・・
そのかわり、普通にシフトがある運転席と助手席の間に巨大なもの入れがあって、便利なんですけどね。

307よりもこっちの方が圧倒的に優れてると思われるのは3列目。2列目はレバーで大きく倒れる(日本車だと普通ですよね)ので、乗り降りは楽だし、低いフロアと、2列目シートの下につま先がちゃんと入るので、ちょっと天井低いよなと思いつつ、座れる。 ドリンクホルダーもあって、3列目もきちんと座らせることを意図してるのがよくわかります。
まぁ体育座りの上につま先の置き場のない(ほとんど終わってる・・・)プジョーと比べるなよって話もありますが。

2列目シートは、二人用ですね。一応定員は7名で、2列目は3人がけのようですが、中央は2点式ベルトだし、座れるようなシート形状ではありません。

P1400482.jpg
これがラゲッジスペース。ほんとありません。

底部はちょっと幅があるけど、リアシート肩部とリアゲートの間にまったく余裕がありません。3列目を畳んだときのフラットなラゲッジスペースを意図したのか、ゲート開口部が高くてその分狭い感じです。6人乗ったときの荷物はどうしようかね。 A型ベビーカー乗るのかな?

燃費ですが、 カタログ上は15km/l。今回、高速半分、残りは郊外の一般道メインで11km/Lでしたので、レギュラーではありますが、予想より悪かったです。
走った感じとしては、そんなに扁平率の高いタイヤではありませんが、細かいデコボコを割と拾う感があります。普通に走るし普通に曲がるし、という感じで、悪くない印象でありました。



タグ:試乗記
posted by えすぷれそ at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

試乗 日産ノート

久々の「試乗」シリーズ(勝手にシリーズ化するなって!)です。
試乗というか、車検の代車。なので、2ヶ月前の話なんですが。

ここのプジョーデラは代車はレンタカーなんですよね。
まぁ入庫してる台数も多いので、みんなにプジョーの代車なんか用意できないですよね。

3列シートの代車はないのか聞いてみたんですが、追加料金かかるというので、おまかせにしたら日産のノートが当てがわれたというわけです。登録してまだ1年の新車が来ました。

2011042005.jpg

1.5リッターエンジンですが、よく走ります。
cvtで、オーバードライブボタンがありそうな辺りにスポーツモードのボタンがついています。

ハンドルも軽くて、運転しやすいです。街乗り楽々。
ただ、運転しやすいんだけど、敏感なアクセルはなかなか馴染めません。307のアクセルが鈍いのかもしれませんが。

なので、山坂道での運転はちょっとなぁ。
攻めてく車じゃないのは重々承知なのですが。
ハンドルが軽いからなのか、何か接地感がイマイチ。
スポーツモードにすると敏感なアクセルがますます目立って、ギクシャク。
要は、自分が車の挙動をきちんと理解しながら丁寧に運転すればいいんですけど、ちょっと難しい・・・

サスが変わる上級グレードだったらまた印象が違うのかもしれません。

ところが、高速に乗ったらビックリ。
車はビシッと安定してるし、ハンドルも適当に重くなってる。高速での加速はエンジンが耳ざわりですが、けっこういいじゃん。ちょっとここでは○km/hって書けないけど、そんだけ出しても大丈夫な感じ。山坂道での不安感はどこか行っちゃいました。こりゃ長距離移動もいけるんじゃないかな。

70キロ程度しか走っていませんので、燃費は良くわかりません。
ガソリンは6リッターちょっと入りました。



いい車だろうけどまぁちょっと地味だなというのが正直な感想。



タグ:試乗記
posted by えすぷれそ at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

試乗 日産ジューク+ジュークターボ

リクエストにお応えして(笑)

IMGP6197.jpg
カレスト座間での今回の試乗はこの2台。
ジュークの1.5Lと、1.6Lのターボ。ターボは4WDになります。
この2台ですが、1.5Lのがオプションのアルミを履いているので、外観からはどう違うのかさっぱりわかりません。手前がターボ車です。

やはりこの外観ですが、自分が買うならもうちょっとシンプルな方がいいよなと思っちゃって・・・デュアリスくらいがいいかなぁ。
IMGP6200.jpg
でも、コンパクトクラスって全体的に地味なのが多いので、このデザイン、存在感は大きいです。

IMGP6199.jpg
こちらは15RX。

IMGP6203.jpg
こちらは16GT FOUR。
こちらにはマニュアルモードがついています。
CVT車とはいえエンブレ効かせたいので、これはあるといいなぁ。
ターボ車の加速ですが、もちろん、カレストの狭いコースでは本領発揮できませんが、「普通に速い」感じ。乱暴な加速を期待すると外してしまうかも。ただ、残念ながらまたしてもスポーツモードにするの忘れちゃったので、ノーマルモードでの印象です。

で、NAとターボ、どっちもの印象なんですけど、
堅めのしっかりしたシートと、ロールが少なくて素直に曲がっていく運転の感じが、いいです。カレストの狭いコースでクイクイ曲がれましたし。なんかプジョーと似てるって言っちゃっていいのかなぁ?「思い通りのハンドリング」ってメーカーの人が言ってるのも、なるほどな〜、と。
NAとターボで足回りが違うようですが、残念ながら(鈍感なのか)はっきりした差はわかりませんでした。特にこのターボは4駆モデルなんで、いろいろついてるんですけどね。

まったくの素人考えなんですが、このターボエンジン、少しデチューンして(しなくてもいいけど)デュアリスに載せちゃったらいいんじゃないのとふと思ったのでしたが、どうなんでしょう?


日産JUKE
http://www.nissan.co.jp/JUKE/

<おまけ>

IMGP6206.jpg
リーフが充電してました。初めて実物見た。
普通の200Vコンセントから充電してるっぽいです(未確認ですが)



タグ:試乗記
posted by えすぷれそ at 23:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

試乗 ハイエース+ブレイド

2010103004.jpg

なんでこんな車にハイパーレブまで出てるのよ?と不思議に思っていたんですが、あえて「そういう目」で見てみると、結構小洒落た感じでいじってある車もよく見るような。
で、先日、お台場での時間潰しでメガウェブに行きまして、ちょうどハイエースの試乗車があったので、こういうフロントタイヤの上に座る乗り物もそう乗る機会がないだろうと思って乗ってみました。メガウェブのコースは、一部道が狭くてカーブが続くところがあるので、ちょっと慎重に乗ってみました。
2010103005.jpg

結構路面の段差をゴツンと拾うような乗り心地。まぁ空荷の一人乗車だからなんだろうなと思いつつも、生まれてから一度だけ乗ったことがある救急車の乗り心地の悪さと似たようなものを感じたのでした。


で、この日はもう一つ乗ってみました。

2010103006.jpg
ブレイドマスター。
ハッチバックのボディに3.5Lのエンジン。そりゃアクセル踏み込めば背中を蹴飛ばされるような加速をするんだけど、お値段が300万円を超えるくらい。この値段を出せるなら、別のメーカーのもっと速そうな車を選んでもいいし、安目の輸入車も手が届きます。もっとちゃんと走らせてみないと正直なところはわからないですし、きっと高速をガンガン走ると本領が発揮されるんでしょうが、ちょっと立ち位置が微妙な感じがしました。



タグ:試乗記
posted by えすぷれそ at 17:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

試乗 プジョーRCZ

20101008 (6).jpg

こんなことを書くのはいささか不謹慎なのかもしれませんが、クルマが好きな人だと、子どもが増えたらこういう車には乗れなくなっちゃうんだなぁ、なんて思うことがあるのかもしれません。自分はよくそういうふうに思うことがあります。

2シーターでなくとも、4人乗車だったら選びたい放題なのですが、こどもが2人から3人になる時点で、けっこう車の選択肢が狭まってきてしまいます。

 カブリオレはみんな4人乗りだし。
 ホットハッチも事実上4人だし。
 古い軽も4人乗りだし。
 パナメーラも・・・(←どうせ買えない)

なので、プジョーさんに行ってCCが飾ってあっても、6人世帯の自分にはどうしようもありません。なので、RCZがいくら雑誌やwebでいろいろ書かれていても、自分の乗ってる車と同じメーカーというだけで、基本的には縁のない世界の車であります。

でも、乗ってみたくなっちゃうよね。

ということで図々しくも試乗させて頂きました。
買うことがないことが明らかな客ですが、快く応じていただいた営業さんに感謝です。

20101008 (5).jpg
左ハンドル、6MT。200psのモデル。
MTは春先にS2000で遊んで以来ですが、
実は右手でシフトチェンジするのは初めてなんですね。ちょっとドキドキ。
クラッチは意外と軽くて、エンジンも低いところからきちんとトルクがあるのか、普通に走り出すことができました。



続きを読む

posted by えすぷれそ at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

試乗 プジョー308SW

もうすぐATが6速となるうえ、エンジンの出力も140ps→156psにアップされるプジョーの308SWですが、まだ登場前だったので、4ATのものをモニターとしてお借りしました。

 試乗 プジョー308
 試乗 プジョー308cc


に続いて(?)のSW。
お借りしたのはGriffeという上級グレード。389万円。
レザーシート、クルーズコントロール、前後コーナーセンサー、後席サンシェードなどなど豪華装備たくさんで、さすが、307より一歩高級な感じです。


2010062101.jpg

2010062103.jpg

2010062102.jpg

みんカラの方にもうちょっと詳しく書いてますが、トルクに余裕のあるエンジンと、4速だけど307SWのよりぜんぜんスムーズなトランスミッションで走りは快適・・・というか、なかなか速かったです。

ただ、3列目の天井低すぎです。
スタイリングを考えると仕方ないでしょうけど。。。







posted by えすぷれそ at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

3008

内覧会のご案内をいただきました。
3008 Premium 1.6Lターボ 6AT 339万円。
車幅1,835mmってのはどんなもんでしょうかね。
2010052808.jpg

このお値段、X1sDrive18iの363万円よりはちょっと安いけど、これくらいの値段差だとプジョーさんには申し訳ないんですがBMWに惹かれてしまったりします。ましてや、スカイラインクロスオーバーの420万円は高いなぁと思いつつも、こっちは3.7Lだから車格が違うのかしら、と。

いずれにせよ買えませんが、実車を見てみたいですねぇ。X1も。

(2010.5.30追記)
見てきました。試乗はまだでしたが。
続きを読む

タグ:プジョー
posted by えすぷれそ at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

全席3点式

新しいプレマシー

2010052301.jpg

「6+one」のプラスワンのところにもちゃんと3点式シートベルトが付くようです。

やるじゃん、と思ったら、すでに4月にマイナーチェンジになったノア/ヴォクシーも全席(8席)3点式になったようです。
http://toyota.jp/voxy/safety/passive/index.html
2010052302.jpg

こんな難なくできるなら、今まで手抜いてたなー(笑)
次はどの車でしょうか・・・?


タグ:ミニバン
posted by えすぷれそ at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

RCZ

http://rcz.jp/model/
プジョーのRCZ。日本で売るとは思いませんでしたが、
昨日から予約開始。って買えないけど。

重量 1,366kg
全長 4,287mm
全幅 1,854mm
全高 1,359mm

右ハンドル 6AT 156ps お値段399万円
左ハンドル 6MT 200ps お値段423万円

意外と安い?

ちなみに308ccは、重量1,580kgに対し、

右ハンドル 6AT 156ps お値段420万円です。


タグ:プジョー
posted by えすぷれそ at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

試乗 スーパーグレート トラクタ

「お・き・か・く」(大きいトラック)

と、何年も昔、いまや小学生になって音読なんかしちゃってる2番目の子が、大きなトラックを見つけては何十回も(海コンだらけですから)叫んでいた言葉なのですが、そんな「大きいトラック」に乗ることができました。
自家用車として買えるわけでもないし、けん引免許(どころか大型も)も持っていないので、試乗というよりも運転体験ですね。もちろん、公道上ではありません。

これが自分が乗る車。
2010050821.jpg

三菱ふそう スーパーグレート
頭に緑のランプがあるから、数年前のモデルかと。
最近のブルーテックディーゼルじゃないのですよ。すみません。
INOMATと呼ばれるセミAT(だと思う)で、発進時のみクラッチ操作有。
トラクタは全長6mくらいですが、これにトレーラー(荷車)が付いて全長は16mだそうです。
後ろから2つめの軸が上がっていますが、「リフトアクスル」という機能で、空荷のときに軸をあげているそうです。こうすると高速代が安くなるらしい(あとから調べた)

今回参加したのは、読売旅行の「全長16M大型トレーラー運転体験ツアー」です。



続きを読む

タグ:試乗記
posted by えすぷれそ at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

S2000で箱根へ

前回の記事のとおり、1日借りたS2000のレンタカー。
やはり一夜をともに過ごさないと・・・(なんのこっちゃ)
翌朝、好きに走れる少しの時間を使って箱根に行ってきました。
ちょうど桜のきれいな季節。ターンパイクの御所の入駐車場あたりの桜は満開でした。

2010040908.jpg

不慣れなMT車なので、たぶんこの1日では車の性能をぜんぜん引き出せていないと思いますが、やはり桜の時期のオープンカーは気持ちいい!
2010040915.jpg
プジョーの最近のCCシリーズと違って、フロントガラスが小さく、天井が大きく開いているので、開放感が大きいです。
高速を走ると、風の巻き込みはそれほど気にならないものの、借りた車には社外マフラーが装着されていることもあり、エンジン音なのか、排気音なのか、ちょっとうるさいな〜という感じ。兄弟の中で一番声の大きな3番目を助手席に乗せてのドライブでしたが、話するのはむずかしいな。

タコメーターのレッドゾーンは9,000rpmから。回転数が上がるほど間隔の広がるタコメーター。多くのインプレで書かれているとおり、6,000回転から上のパワーの盛り上がりと、甲高いエンジン音は乗っていて楽しいです。
2010040904.jpg

山を下りる頃には雨になってしまいました。
2010040916.jpg

幌を打つ雨音が聞こえるような本降り。
それに、風切り音が結構大きい。3桁スピードともなると相当うるさいです。高速のロングツーリングにはちょっと向かないのかなぁ。

燃費はリッター11km弱と、エンジンを回して走った割にはいい燃費。

で、音はうるさいし、シフトチェンジは忙しいし、エンジンの振動はけっこうあるし、高速での安定性は微妙だなあと感じるし、そういう意味で、運転していて疲れる車と思ったのも正直いうとあります。

でも、車を返してしまうと、またあのエンジン音を響かせて乗ってみたくなります。

スポーツカーとして、CR-Zがレンタカーとして出てきてはいるのですが、どうせならまたS2000を借りたい、うまく表現できませんが、そういう風に思わせてくれた車でありました。



続きを読む(写真多数)

タグ:試乗記
posted by えすぷれそ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

自分へのご褒美2

自分へのご褒美、前回の116iはこちら
http://expreso.seesaa.net/article/110814807.html
http://expreso.seesaa.net/article/110993888.html

今回はこの車。
2010040905.jpg

1999年の春、テレビのニュースをつけながら夕食の後片付けをしていると、新しいスポーツカーがデビューしたというニュースがやっていました。納車が半年以上先になる人気とのことで、オーダーした人のコメントが出ていました。

「憧れだったから」

この一言、心を揺さぶられました。
かたや、そうやって「憧れ」を自分のものにしていく人がいる一方で、自分は皿洗ったりとか日々に追われてるんだろう・・・?(もちろん皿を洗うことと憧れを実現することに何ら相反するところはないのですし)

あれから10年。
好きな車は既に手に入れつつも、「憧れだったから」の一言が今でもどうしても忘れられません。

なので、FRスポーツだとか、リッターあたり125psだとか、9,000回転まで回るNAエンジンとかいうことよりも、あのテレビに出ていた車に乗る機会ができた、という方が、気持ちとしては大きいです。

この車も既に生産中止です。
乗るならもう今しかないのかもしれない、と思い、1日お借りしたところです。


続きを読む
posted by えすぷれそ at 21:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

試乗 CR−Z

話題の車ですね。
ハイブリッドカーというよりも、このご時世に背の低い車が出てきたってのがいいですね。
さっそく試乗させてもらいました。
グレードはおそらくαという上級グレード。グラスルーフなし。
2010030601.jpg
このインパネ、ちょっと派手かなぁ。

狭いと言われる後席ですが、確かに狭い。子どもでちょうどいいくらいです。ヘッドレストはありませんし。

走り出してみますが、それほど走り出しが軽いわけではなく、モーターのアシストを感じるわけではなく、極めて普通。
コンパクトで運転しやすいです。
CVTなので、パドルシフトを使って低めのギアにしてみますが、なかなか「これ」という感じがつかめません。これは慣れでしょうね。操作じたいはしやすいです。
足は多少ゴツゴツしてるかな?という感じはありますが、不快なほどでもありません。ロールも少なく、見慣れないデジタルメーターもあって、気付くと結構スピードが出ています。まずいまずい。

試乗させてもらったときは、実は不勉強で3つのモードのうちノーマルモードしか試せませんでした。ステアリングの感じも変わるスポーツモードを試さなかったのは、残念であります。

スタイリングもかっこいいし、悪くないんだけど、個人的にはこういうコンパクトスポーツよりもホットハッチの方がいいなと思ったところです。


※追記(2010.3.9)
 ガイアの夜明けってテレビ見てたら、スポーツモードを試さなかったのが悔やまれますって気になりました。ホント、印象違ったかもですね。営業さん、そういうのちゃんと教えてくれよ〜〜〜〜(T_T)



posted by えすぷれそ at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

試乗 エッセ

簡素な、昔の軽を彷彿とさせる「安い」車であるとともに、軽くて、キビキビ走ると評判(?)の車であります。実物大の玩具として楽しんでおられる方も多いようですが、実際にはどうなんだろう? と気になるところでありましたので、一度試乗してみたいと思ったところです。
しかし、近くのダイハツにはないようなので、トレッサ横浜まででかけて乗せてもらいました。ちなみに、トレッサはショッピングモールの中にトヨタ系の各デラがお店を開いているので、とっても敷居が低い。でも、自分みたいに「購買力のない」冷やかし同然な人間が来たりするので、営業さんはそれなりに難しいのかな、とも思ってしまいます。

そんなわけですが、展示場のエッセに下がっていた「試乗車あります」の札を早速見つけ、そばにいた営業さんが「いいですよ♪」といって案内してくれたのがこの車です。原色似合います。
2010021004.jpg
グレードはXで4AT。ATのパターン(?)は、D4→3→2というもので、ミラと同じです。営業さん曰く、今はCVTが主流で、4ATは「昔の」車のように思われてしまうとのこと。

運転席に座ってみると、小さい外見から想像している以上に広いです。頭上の空間もあるし前席ならこれで充分かと思います。後席は多少狭いですが、307SWの3列目より遙かにマシな空間。普通に座れますし(比較対象が悪い(笑))。
で、ふつうにキーをひねって、ふつうに走り出し。アクセルやブレーキが特に鋭いわけでなく、ごくごく普通。加速だって悪くないです。といっても別に良くもないけど。
アクセルを踏み込んで、エンジン回転数を上げたときのエンジンの「うなる」音がちょっと大きく耳障りかな、と思いますが、難点といえばそのあたりくらいでしょうか。ちょっとした急加速の場面でうるさいかと思います。なので、高速の登りがどうかでしょうね。
ふにゃふにゃ、と評価されることの多い足ですが、派手なコーナリングはしませんでしたが、思ったよりもしっかりしている印象です。タイヤが65サイズの13インチだからでしょうか。

そんなわけで、シンプルで走りもしっかりしている車という感じがして、非常に好印象でした。さらにエッセカスタムだと、外見もなかなかいいと思うし、リアヘッドレストがつくし。

近年、エコカー補助金等でいささか分が悪い軽自動車ですが、この値段に維持費(リンク先はちょっと古いかも)も考えたらいい感じです。あとは浮いたお金でソニカのスタビ入れたりしたらもっといいですね。って結局そっち方向かよって。



タグ:試乗記
posted by えすぷれそ at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

リーザ・スパイダー

2010020703.jpg
こういう車。
ビートやカプチーノと同時期の軽オープンなのですが、前2車と違って、FFだし、既存車の屋根切ったバージョンって感じがしたからか、あまりお見かけすることが少ないです。
そんなに多数作られた訳ではないと思うのですが、
専用のカタログ+アクセサリカタログまでありました。

2010020701.jpg
そしてこのたび、はじめて実車に座することができました。
しかし、この開放感!
車が小さい分、開放感は大きいですね。

2010020702.jpg

もちろん同時代のミラとは似てますが、違います。

まーねこさん、ありがとうございました。

posted by えすぷれそ at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

試乗 Zロードスター

2009122704.jpg

いつものカレスト座間。
いい天気であまり寒くもなく、絶好のオープンカー日和。
運転していると視界はフロントガラスの中ですが、
頭の上から差す日差しが気持ちいい!

シンクロレブコントロールがついているクローズドのZもこの前に
乗ってみましたが、やはりオープンカーだと、ガツガツ早く走ろうと
いう気が起きませんでした。

2009122705.jpg

後ろ姿がせくすぃだねぇ・・・


タグ:日産 試乗記
posted by えすぷれそ at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

中央2点式

日曜日の夜は、サザエさんでも笑点でもなく、TVKというテレビのチャンネルをUにしてくるくる回すダイヤルで波長を合わせて見るテレビ局でやっている「クルマでいこう!」というのを、なんとなく、じゃなくて、藤トモさんカワイイ・・・とでれでれ見て過ごしています。
一週間で唯一見るテレビ番組です。

今日の、ではなく、先週のステップワゴン。

テレビでは3点式ベルトが省略されている点を指摘されていました。メーカーの人は必ず付けますみたいなことを言っていましたが、平成24年夏には全席3点式ベルト設置が義務となるので、必ず付けるって当たり前じゃん(笑)。次のマイナーチェンジで付ければ間に合うだろうという意識なのでしょうか。2点式と3点式では、着けた感じもぜんぜん3点の方がいいし、チャイルドシートが着く着かないとかいう大きな違いもあります。意外と便利なんですけどね。

おまけに、webCGのステップワゴンのインプレには、
「本気で家族を想ったのか」
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/i0000022091.html?pg=3
と手厳しく書かれています。
ミニバンのベンチマークとして期待もされているんでしょうかねぇ。

としたら、セレナあたりに先んじて頑張って欲しいところですが、まぁ買わないからいいや。

ちなみに過去の放送のページを見てみると、同様の指摘多数。
http://www3.tvk-yokohama.com/kuruma/oa/
ということで、以下拾ってみました。

続きを読む
posted by えすぷれそ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他所のクルマ・試乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。