2014年12月18日

爆弾低気圧

http://www.sankei.com/life/news/141217/lif1412170041-n1.html
 北海道などに暴風雪をもたらした冬の嵐。日本海と本州南岸それぞれに発生した2つの低気圧が、北から流れ込んだ強烈な寒気の影響などで急激に発達したことにより、近年例を見ない「爆弾低気圧」を生み出した。
 気象庁によると、2つの低気圧はともに発達しながら、日本列島を挟み込む形で北東方向に進み、17日午後3時までに北海道付近で一つになった。特に太平洋側の低気圧は16日午後3時時点で996ヘクトパスカルだったの中心気圧が、ピーク時の17日正午時点には948ヘクトパスカルまで下がり急発達した。気象庁は「これほど急激な発達度合いをみせるのは数年に1度」と説明する。


「爆弾低気圧」というのは気象庁では使わないそうで、「「急速に発達する低気圧」などと言い換える。」とのこと(http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/haichi1.html

14121709.png
posted by えすぷれそ at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

軽自動車税

「平成26年度税制改正大綱」(自民党・公明党)
https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/pdf128_1.pdf
〈軽自動車税〉
(6)四輪以上及び三輪の軽自動車に係る税率を次のとおりとし、平成 27 年4月
1日以後に新規取得される新車から適用する。
             現行 改正案
@四輪以上 乗用・自家用 7,200 円 10,800 円
乗用・営業用      5,500 円 6,900 円
貨物用・自家用     4,000 円 5,000 円
貨物用・営業用     3,000 円 3,800 円
A三輪         3,100 円 3,900 円
(7)最初の新規検査から 13 年を経過した四輪以上及び三輪の軽自動車に係る税率
を次のとおりとし、平成 28 年度分以後の軽自動車税について適用する。
@四輪以上 乗用・自家用 12,900 円
乗用・営業用 8,200 円
貨物用・自家用 6,000 円
貨物用・営業用 4,500 円
A三輪 4,600 円
(8)原動機付自転車及び二輪車に係る税率を次のとおりとし、平成 27 年度分以後
の軽自動車税について適用する。
現行 改正案
@原動機付自転車 50cc 以下 1,000 円 2,000 円
50cc 超 90cc 以下 1,200 円 2,000 円
90cc 超 125cc 以下 1,600 円 2,400 円
ミニカー 2,500 円 3,700 円
A二輪の軽自動車 (125cc 超 250cc 以下) 2,400 円 3,600 円
B二輪の小型自動車 (250cc 超) 4,000 円 6,000 円


軽自動車増税、新車に限定…15年4月以降
http://www.yomiuri.co.jp/atcars/news/20131211-OYT8T00240.htm?from=os4
 軽自動車やバイクを持っている人に毎年かかる軽自動車税(地方税)は、新車を購入した人に限って増税する。
 15年4月以降の購入分を対象とする方向で、小型二輪や原付きバイクも同様の扱いとなる。増税幅は、原則として現在の1・5倍とする案が有力だ。その場合、自家用乗用車は年7200円から1万800円へ、50cc以下の原付きバイクは1000円から3000円へ、それぞれ上がる。
 軽自動車税を増税するのは、軽自動車の性能が向上していることを考慮し、普通車を持つ人に毎年かかる自動車税(地方税、年2万9500円以上)との差を小さくする狙いがある
(略)(2013年12月11日 読売新聞)


●「普通車を持つ人に毎年かかる自動車税との差」とのまとめ。
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/car.htmlより抽出。
営業用とか貨物用と自家用乗用車との差も結構あるんですが、そこは不問というか話題にもなってないところを見ると、やっぱり軽自動車ねらい打ちですかねぇ? 報じる人もほとんどいないのは、知らないだけなのか封印されてるのか。
乗用車(自家用) 1.0L以下  29,500円(基準)

→軽自動車(自家用)      7,200円(▲22,300円)
        税率改定後  10,800円(▲18,700円)
    13年経過後(H28〜) 12,800円(▲16,700円)

→乗用車(営業用)1.0L以下   7,500円(▲22,000円)
→貨客兼用車(4人乗り以上)
 積載量1t以下、1.0L以下  自家用13,200円(▲16,300円)
               営業用10,200円(▲19,300円)
→トラック 積載量1t以下   自家用 8,000円(▲21,500円)
               営業用 6,500円(▲23,000円)

3L、1,000kg積のバンの自動車税は16,000円でいいのかな?
posted by えすぷれそ at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

待機児童の話

気になったのでこの場にメモ。
------------------------------------------------------------
待機児童数、数え方変え3倍以上に 東京・杉並区(2013年5月10日(金))
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/TKY201305090538.html
保育園に入りたくても満員で入れない「待機児」について、杉並区は2013年度から、保護者が育児休業を延長したり、仕事を辞めたりしたケースも「待機」とみなすよう数え方を改める。保育需要の基本となる考え方を見直し、待機と認められにくい現状を実態に近づける。10日に都に報告する。
 同区の13年度の待機児数は、旧来の数え方では94人だが、新たな数え方では3倍以上の285人となる。昨年度は52人だった。
 新たに「待機児」に含めるのは、預け先が見つからず、(1)内定した仕事を辞退した(2)仕事を辞めた(3)育児休業を延長した(4)ベビーシッターを利用している(5)都の設置基準に満たないベビーホテルに預けた(6)1人親家庭のため引き続き求職活動を続けている――のケース。同区は長年、これらを「待機児」と数えておらず、預け先を探す母親の間から「待機の実情に合っていない」と批判の声が強かった。


待機児童ゼロになりそうな横浜市。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/kinkyu/file/240517-240401taikijidousuu.pdf
24年4月の待機児童数は179人ですが、保育所申込者のうち次の人たちは「待機児童」から除いているそうです。
(D)・横浜保育室 965
  ・家庭的保育事業 59
  ・幼稚園預かり保育 5
  ・事業所内保育 19
  ・一時保育・乳幼児の一時預かり施設 69
(E)育休関係 186
  (4月1日に育児休業を取っている人)
(F)主に自宅で求職活動されている方 213
 (ご自身等でお子さんをみながら、インターネットなどを利用し、在宅で職を探している方)
(G)特定保育園のみの申込者など 680
 (1か所しか申し込んでいない方、2か所以上申し込んだ方で内定した保育所があるにもかかわらず、第1希望等の保育所しか入園を望んでいない方など。)

保育園って、1か所だけの申込はだめなんだ〜と違うところ見てたりしますが・・・

保育所を申し込んでいながら一時保育・家庭的保育だったり、自宅で求職活動してるとかっていうのは、「待機」じゃないんですねぇ。(あきらめてもらったってこと?入所の実情を知らないのでこの感想の根拠はありません)
posted by えすぷれそ at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

セシウム牛

※7/15に投稿したものを追記して日付かえて載せてます※


福島・浅川町から内部被ばくしていることが強く疑われる牛42頭を1都3県に出荷(07/15 00:30 福島テレビ)
内部被ばくしていることが強く疑われる牛42頭が、福島県から出荷されていたことが明らかになった。
先日は福島・南相馬市の6頭、そして14日夜、福島県などが発表したのは、福島第1原発から南西に65km以上離れている浅川町。
浅川町の農家で、稲わらから高濃度のセシウムが検出され、このわらを食べた牛42頭が、神奈川・横浜、千葉、東京、宮城・仙台に4月以降、12回にわたり出荷されていた
そして仙台経由で、山形と岩手にも流通していた



南相馬産セシウム牛肉が2頭分流通 神奈川県内は3市で販売(産経)
2011.7.12 22:48
 福島県南相馬市の農家が出荷した肉牛から放射性セシウムが検出された問題で、県は12日、同じ農家から出荷された2頭の牛肉が県内で流通したと発表した。1頭分約305キロは全て藤沢市の食肉販売店が仕入れ、市の同日の検査で基準値を超すセシウムが検出された。一部は消費者が口にしたとみられるが、市は「同じ牛肉を食べ続けるとは考えにくく、健康上の問題はない」としている。
(略)もう1頭は静岡市の検査で基準値を超えたのと同じ牛で、県内では横浜市の1店と相模原市2店に流通した。横浜市によると、同市南区の小売店が約64キロを仕入れ、うち約52キロをすでに販売した。相模原市によると、同市南区のスーパー1店が約42キロ、同区の百貨店1店が約29キロを仕入れ、いずれも売り切った


セシウム検出牛:不安拡大…給食使用自粛、客に提供判明(毎日2011年7月12日)
http://www.mainichi.jp/select/today/news/20110713k0000m040105000c.html
横浜市は12日、市立小学校の給食で、1学期最後の給食となる15日まで牛肉の使用を自粛すると発表した。
 (略)
 市によると、対象は344小学校と96保育所。市教委は11日に各学校に通知しており、11日の一部小学校のメニュー「牛肉のトマトソース炒め」は牛肉から豚肉に変更された。保育所では当初から4〜7月は牛肉の献立がないという。小学校の4〜6月の給食では、牛肉の献立のうち約17%で福島産の肉を使っている





http://cgi.city.yokohama.jp/shimin/kouchou/search/data/23002168.html(7/4公表)
横浜市の小学校給食で使用する食材は、市場に流通している品物を使用しています。
食品衛生法の暫定規制値をオーバーした農産物については、現在、原子力災害対策特別措置法に基づき、出荷しないように指示しているため、流通していません



http://cgi.city.yokohama.jp/shimin/kouchou/search/data/23002213.html (7/4公表)
食材については、出荷元の自治体において出荷前に検査が行われ、食品衛生法の暫定規制値をオーバーしたものは、市場に流通しておりません。そのため安全であると考えますが、市民の方の不安を払拭するため、実際に使用する食材の放射性物質について、サンプリング調査を6月16日から実施しています。





流通してるじゃん。
それに、給食に国産和牛ですか・・・



2011.7.21追記

増えた。

セシウム汚染:疑い牛、1264頭 流通先45都道府県に
(毎日新聞 2011年7月20日 22時39分(最終更新 7月20日 22時43分))
 放射性セシウムを含む稲わらを肉牛に与えていた問題で、新たに岩手、秋田、群馬、岐阜、静岡県の農家から汚染疑いのある牛が計614頭出荷されていたことが20日、各県の調査で分かった。共同通信のまとめでは既に判明している福島、山形、新潟、埼玉の4県分を含め計1264頭が出荷・流通されたことになる。流通先は鳥取、沖縄県を除く45都道府県に上った。
 新たに判明した5県の出荷数は群馬355頭、岐阜29頭、静岡148頭、岩手81頭、秋田1頭。静岡からは同県内と愛知、大阪の1府2県に出荷された。岩手は東京、岩手、神奈川の1都2県に出荷。秋田の1頭は解体されたが、市場には流通していない。




2011.8.6追記

教育委員会が流通していませんと明言してたセシウム牛をもしかしたら給食に使っちゃってたかもしれないけどもう全部食べちゃったから調べようがないしどうせ食ってもほんのちょびっとだからガタガタ騒ぐなということでしょうか?量が少なく健康に影響及ぼさなければ何食わせても構わないのかよ(笑)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110806-OYT1T00230.htm
横浜市は5日、放射性セシウムに汚染された稲わらが与えられた疑いのある福島、宮城、岩手県産の牛19頭の肉が、4〜6月に市内の小学校127校(約6万7000人分)の給食に使われた可能性があると発表した。
 市教委健康教育課によると、19頭の肉は、4月19日から6月21日までの間に計12回、ハッシュドビーフやドライカレーなどの材料として使われた。この19頭の肉については放射性物質の検査は行われておらず、すでにすべてが消費された可能性があるため、同課は「追跡調査できるかわからない」としている。
 19頭の肉は、市内18区のうち、鶴見、西、瀬谷、緑の4区の給食では使われていなかった。
 1食あたりの使用量は25〜40グラム程度で、同課は「食べても量が少ないので、健康に影響を及ぼすとは考えられない」としている。(2011年8月6日14時40分 読売新聞)


しかし、夏休みで子ども達も先生も学校に来てない時期に発表するなんて文句の付けようがない。ナイスタイミングだ。

小学校給食における放射性物質に汚染された稲わらを給餌された可能性のある牛肉の使用状況について(横浜市教育委員会)※学校名リストあり
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/kyu-sokutei/inawara.html



2011.8.29追記
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1108240045/
5月13日に市内の食肉販売業者が、牛1頭の肉24・4キログラムに別の7頭の肉234・4キログラムを合わせた計258・8キログラムを給食の材料として納入した。肉は同日中に戸塚、栄、泉区内の16校で肉じゃがとして調理、提供された。16校の児童総数は8028人。
 24・4キログラムの牛からは今月24日までに、1キログラム当たり719ベクレルが検出された。肉を合わせた7頭のうち、1頭は基準値以下の221・6ベクレルが検出され、6頭は調査中という


教育委員会様は「出荷元の自治体において出荷前に検査が行われ、食品衛生法の暫定規制値をオーバーしたものは、市場に流通しておりません」と言ってたけど、719ベクレルと511ベクレルの肉が結局給食で児童の胃袋にとうの昔にぶち込まれてしまったわけなんですけれども、その結果「一食当たりの量が 30gと少なく、仮に提供された牛肉全てが放射性セシウムを 719 Bq/kg 含む牛肉だったとしても、実効線量として 0.00026mSv程度となり健康に影響を及ぼすものとは考えられません(横浜市記者発表)」でおしまい。別に謝る訳でもないし。怒ると都合が悪くなったことは忘れたふりをする子供みたいだ。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/syoku-anzen/1-2/gyu2-01.pdf



2011.9.4追記
横浜市長インタビュー
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20110831/CK2011083102000068.html
−小学校給食で、放射性物質に汚染された餌を食べた牛の肉が提供され、「対応が後手」と批判がある。
 後手に回ったとは思ってない。最も恐れたのは、放射線に対する漠然とした不安の広がり。正しい情報や知識を伝えるのが必要と考え、そこに専心した。過度の対応は逆に、市民に不安を与える。風評被害は、避けなければならない。

市は「流通していません」と正しくない情報伝えてたし、市長としては「風評被害」を避けるために子供は汚染牛食っても構わないということですかそうですか。未必の故意っていうんでしたっけ?



posted by えすぷれそ at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

ドライブ中に彼氏にゲンメツ・・・

元のタイトルは

「半数以上が経験! 「ドライブ中に彼氏にゲンメツ」! ゲンメツした理由TOP3は「他の車に文句」「運転が乱暴」「渋滞でイライラ」 女性の10人に1人が「ドライブ中の喧嘩で別れを決意したことがある」!」

という長いタイトル。
20〜30代女性501名に「ドライブデート」に関するインターネット調査を実施した結果だそうで。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000002694.html
        ↓↓
 まず、「ドライブデートをしたことがありますか」と聞いたところ、93%が「ある」と回答しました。車離れが叫ばれる現代でも、『ドライブ』はデートの重要な要素になっているようです。(中略)「ドライブ中に彼氏にゲンメツした経験がありますか」と聞いたところ、「ある」と回答した人が54%と、半数以上が「ゲンメツしたことがある」と回答しました。ゲンメツした理由は、「他の車に文句を言う」(49%)、「運転が乱暴」(42%)、「渋滞でイライラして八つ当たり」(38%)となりました。


すいません。はじめの2つはどちらも自分のことでして・・・(汗
渋滞は最近あまりイライラしなくなりましたが。
posted by えすぷれそ at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

チューガイカーズ その後

1月にこんな状態になってしまったチューガイカーズですが、

平成22年8月27日 破産手続廃止
(官報 平成22年9月13日 号外第193号 p43)
理由の趣旨は「破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足する」

チューガイコーポレーションも同様、
こちらは平成22年5月28日破産手続廃止
官報 平成22年6月14日 号外第124号 p35

破産法第216条。



タグ:プジョー
posted by えすぷれそ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮称!環境自動車税

まぁこんな軽とリッターカーの維持費の比較ページなんか作っちゃったことなので、フォローの意味も込めて。

軽自動車の負担引き上げ=新税で基本的考え方−総務省
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010110200230
 総務省は2日、地方税である自動車税・軽自動車税と、国税である自動車重量税を一本化する環境自動車税(地方税)の創設に向けて、基本的な考え方を発表した。新税は二酸化炭素(CO2)排出量と排気量を基に税額を決定する。また、660cc以下の軽自動車と1000cc以下の小型自動車は規格や燃費などに大きな違いがないものの、小型車にかかる自動車税が軽自動車税の約4倍となっている点に着目。軽自動車の負担を引き上げる一方、小型車は軽減し、格差を縮小させる。
 環境自動車税は制度導入後に新車登録された車を対象とする。登録済みの車は現行通り自動車税・軽自動車税と自動車重量税を課す。新税の税率は未定だが、税収中立となるように制度設計する。自動車税と同じ方法で年1回徴収し、自動車重量税のような車検時徴収は行わない。(2010/11/02-10:44)


いろんな記事は端折られて書いているので、本家本元の発表から。

総務省プレスリリース
「環境自動車税(仮称)に関する基本的な考え方」の公表
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zeimu03_01000002.html

たとえば、こんなことが書いてありつつも、
8.軽自動車
・簡素化の観点から、環境自動車税と同様に軽自動車に係る自動車重量税の一本化を行う。
・小型自動車との税負担の格差を一定程度縮小するよう軽自動車の税負担の引上げを行う。
・引き上げに伴う増収については小型自動車等の税負担軽減に充当し、全体として税収中立とする。

だったら、こっちに対する優遇もなくすべきだろうと思ったりする。
6.営業用自動車に対する配慮
・基本的に現行の営業用自動車と自家用自動車の格差を維持する方向で検討する。

まぁ、
制度導入期日以降に新車新規登録された自動車を対象

なので、新車で軽自動車を買うこともないんだろうなと思うし、一方で軽がなぜあんなに強烈に税金が安いのかもよくわからないところであります。

ただ、2012年4月導入とのことですが、
現時点で国税当局の財務省との調整はできていない。政府や与党内で実質的な議論も進んでおらず、導入には難航が予想される。(2010/11/2 11:17 日経)

っていうことで。







タグ:エコカー
posted by えすぷれそ at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

PHP車のエコカー補助金

すっかりシリーズ化(?)しているので、今回もあちこちリンクはってみました。
過去の記事リンク。
スクラップインセンティブ
「2010年度燃費基準車」
デュアリスのエコカー減税
重い車ほど緩い!
エコカー補助金延長のメモ



エコカー補助金制度における輸入車の扱いについて
(22.1.19経済産業省)
今般、環境・景気刺激の目的の達成のためのオプションを増やすという観点から、より多くの輸入車を制度の対象とすべく、PHP制度(注)の下で輸入され、我が国における公式燃費値等を有さない自動車についても、審査の上、要件を充たせば補助金の対象とすることとしました。


輸入自動車特別取扱制度(PHP制度)に基づき輸入された自動車のエコカー補助金における扱いについて(次世代自動車振興センター
経済産業省より、PHP車の補助金対象車種が通知されました。車検証に記載される型式が対象リストの型式に一致するものについては、2月15日以降申請が可能となります。なお、今回の対象車種については「経年車(13年超車)の廃車を伴う新車購入補助」のみ対象となります。

※リスト(http://www.cev-pc.or.jp/NGVPC/subsidy/eco/eco_PDF/yunyuu.pdf

ハマーはH3V8という5.3リッターのでかいのが対象。車重2,270kgなので、基準の境目である2,266kgを4kg超過。
X5Mは2,370kgに4.4L、555馬力のエンジン・・
このクラスの車って、どのくらいの燃費なんでしょうか。。。

ちなみに経産省の問い合わせ先は「米州課長」様だそうです(笑)




タグ:エコカー
posted by えすぷれそ at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

チューガイカーズ

http://www.fukeiki.com/2010/01/peugeot-chugai.html
プジョーディーラー「チューガイカーズ」が自己破産申請し倒産へ
輸入車販売業「チューガイカーズ」は、1月13日付で事後処理を弁護士に一任、今後は自己破産を申請し倒産する見通しであることが明らかになりました。
2001年に設立の同社は、フランスの自動車メーカー「プジョー」の国内正規ディーラーとして、東京都内に店舗を展開。
中央区晴海の大型店「プジョー中央ショールーム」を筆頭に、足立区の「プジョー足立」、板橋区の「プジョー豊玉」、江東区東雲のメンテナンス部門「プジョー中央サービスポイント」の4拠点を運営し、親身なサポートがユーザーから好評を得ていました。
しかし、景気低迷の影響で販売台数が大きく落ち込んだことに加え、主力店となる「プジョー中央」の開店時に抱えた多額の借入金により経営は悪化。
そんな折、プジョー中央を国内正規代理店「プジョー・ジャポン」へ譲渡するなど経営再建を目指すも、自動車不況が長引いたことで資金繰りは遂に逼迫し、やむなく事業継続を断念したようです。



ttp://adachi.peugeot-dealer.jp/cgi-bin/WebObjects/11333b2102a.woa/wa/read/pj_125d8d54898/
「プジョー足立は12月30日〜1月11日 の期間中、「冬季休業」させていただきます。」

って冬休みが不自然に長いな、その期間の光熱費や人件費が浮くからかな?そんなに・・・と思っていたのですが、やはりこういうことでした。
今日はコピペだけですが、この件は気が向いたらまたエントリします。


<22.11追記>
「今後は自己破産を申請し倒産する見通し」の経過はこちら

ついにHPもなくなっちゃったので・・・・

タグ:プジョー
posted by えすぷれそ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

エコカー補助金延長のメモ

メモです。

環境対応車への買い換え・購入に対する補助制度について
(追加補正予算案閣議決定後追補版)(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/common/000054858.pdf

◆「明日の安心と成長のための緊急経済対策」において、本制度については平成22年9月30日まで延長することとしました。
◆予算規模については、補助金の対象となる台数見通しなどに基づき積算を行っておりますが、本制度は予算の範囲内で実施しますので、ご注意ください。




タグ:エコカー
posted by えすぷれそ at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

重い車ほど緩い!

スクラップインセンティブやらエコカー減税やらがとてもエコな制度なのでこれを考えた人たちはとても頭いいなぁと言うことを過去に「「2010年度燃費基準車」」とか、「デュアリスのエコカー減税」のエントリで書いてきましたが、同じようなことが新聞にも出ていました。
紙ベースでは11月21日朝刊にあったのですが、あまりに刺激的(?)であさひこむには載せられないのかしら?と思っていたら、先日記事が出ていました。燃費の悪い車の方が売れてるなんて、はっきり書いちゃった(笑)

もちろん、燃費を悪くするようなインセンティブが働く制度になっているので、それを利用するのは経済合理性(?)から至極当然の話で、メーカーや購入者を悪く言うつもりは今もぜんぜんありませんし、日本の自動車産業レスキューのためのでかい車購入補助と理解すればいいかと。まぁ新車の買えない貧乏人の僻みと理解していただいてもしかたありません・・・こればかりはしょうがないです・・・

http://www.asahi.com/eco/ecocar/TKY200912040112.html
これでもエコカー?減税対象へ「抜け道」
車体重いと有利 燃費は逆に悪化

 4月に導入されたエコカー減税は、燃費効率のいい車の普及で地球温暖化防止につなげる、というのがうたい文句だった。だが、実際には同じ車種のうち燃費が悪いほうが減税対象になり、「割安」なためよく売れるという現象も起きている。車を重くすれば燃費基準が緩くなる「抜け道」があるためだ。




続きを読む(新聞記事引用の続き)

タグ:エコカー
posted by えすぷれそ at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

たかが900円、されど900円

今年から横浜市の住民税が「みどり税」とかで年900円ほど上がりました。
まぁハイオク7リッター分なので、目くじらを立てる程の金額ではないのですが、

http://cgi.city.yokohama.jp/shimin/kouchou/search/data/21001740.html
 本市においては福祉・医療・子育てなどの経費である扶助費などの義務的経費が歳出全体の約半分を占めている一方、こうした義務的経費以外についても、市民利用施設の管理や維持修繕に必要な経費など、簡単に減らすことが難しい経費が市の歳出のほとんどを占めています。
 そのような中で、人件費等の内部経費の削減や、積極的な歳入確保などの、可能な限りの取り組みを進め、今後も更に努力を続けてまいりますが、それだけでは緑の保全・創造のために必要な財源を確保することは大変難しい状況にあります。
 そこで、「横浜みどりアップ計画」の新規・拡充施策を着実に実施していくための財源を安定的に確保するため「横浜みどり税」を実施することとしました。


http://www.city.yokohama.jp/me/gyousei/citytax/shizei/midorizei.html
(3)【税収規模】約24億円(年平均)(個人16億円 法人8億円)


ということで、900円とはいえ、塵も積もれば。
個人から5年間で80億円の税収となる見込みだそうです。
しかし本当に「必要な財源を確保することが難し」かったのかというと、「?」ですねぇ。

というのも、「あの」イベントのお金の出所を考えると・・・

続きを読む
posted by えすぷれそ at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

小瓶

アルコール度数0のキリン「フリー」、業務用好調で瓶不足(日経)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090605AT1D0406R04062009.html
 キリンビールが4月に発売したビール風味の清涼飲料「フリー」が業務用でも好調だ。世界で初めてアルコール度数0.00%を実現したことで、ドライブの合間にも飲める安心感が需要を刺激。レストランやゴルフ場などから引き合いが殺到し2カ月で年間販売計画の半分を達成する勢いで、瓶不足という問題まで出ている。
 「フリー」は麦芽とホップを原料とする麦汁を使ったビールテイスト飲料。すでに一般家庭向けの缶は年間の販売計画を1カ月で達成している。業務用も予想以上の売れ行きで、飲料を詰める小瓶(334ミリリットル)が不足するという想定外の問題まで生じてきた。


2009060601.jpg
ということなので、自分は飲まないけど、小瓶を買ってみました。
雰囲気はあるよね。

ビールやら発泡酒やらには詳しくないので、この記事に書かれていることがどれくらい凄いことなのかさっぱりわかりませんが、1ヶ月で年間販売計画を達成するってのは、やっぱり凄いんでしょうね。

普通のお店で中ジョッキで出てくれると、なんとなくいいですねぇ。

続きを読む
posted by えすぷれそ at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無駄遣い

スクラップインセンティブ
2010年度燃費基準車
あたりのキーワード検索でいらっしゃる方が多いので、続編として、
最近(もう古いか)の日経ビジネスという雑誌の記事をクリップして
みます。
(あまり期待しないで下さいね。また長いので興味ない方はスルーしてくださいな)

=================
「低燃費車が対象外の不思議」
という小見出しを付けた日経ビジネス2009.5.25号

続きを読む
posted by えすぷれそ at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

早朝覚醒

週末にこんな時間に目が覚めたら、そのまま箱根にでも出かけてしまうところではありますが、今日は雨・・・

なので、こんな時間からPCに向かってます。
なので、書くことも、ここしばらく気づいたことを適当に。

続きを読む
posted by えすぷれそ at 06:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

「2010年度燃費基準車」

スクラップインセンティブ」の続き。

「2010年度燃費基準車の新車を購入することで補助対象」として25万円の税金がもらえる話ですが、どうもその対象車を見てみると、いかにも燃費が悪そうな巨大な「ミニバン」があったり、コンパクトでも該当しなかったりしています。

そもそも「2010年度燃費基準」って何?

この燃費基準の基準値は、車両重量によって区分されていて、重たい車両の方が燃費基準が緩くなっています。たとえば、1000kgの車はリッター17.9km、1800kgの車は同8.9kmと、倍も違います。

なので、

たとえば、13年超のマーチを廃車にして、2010年燃費基準のヴァルファイヤを買いました、となると。

リッター14km→リッター11kmになって、俺ってエコだろ?
25万くれ。


というようなこともアリかと。

単に「オマエら、新車買え」という目的なら、すっきりするのに。
このスクラップインセンティブが腑に落ちないところであります。

経産省は「税金を投入する以上、環境負荷の低減という政策目的が必要。(略」


ということのようですので、環境負荷が実際どれだけ低減されたのか、「税金を投入する以上」きちんと検証して下さいね(笑)

また、別の制度で、エコカー減税75%なんてものだと、自動車重量税や自動車取得税はでかくて高い車の方が税金も高く、パーセンテージで割り落とすと、燃費の悪い車の方が割引額が大きいってのも、なんだかな〜って思います。こちらは排ガス低減も要件にあるので、単純に燃費だけの話ではないでしょうけど。

<おまけ>

タグ:エコカー
posted by えすぷれそ at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

スクラップインセンティブもいいけど・・・

政府・与党、追加経済対策を正式決定 財政支出15.4兆円
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090410AT3S1001610042009.html
 政府・与党は10日、首相官邸で経済対策に関する会合を開き、追加の経済対策「経済危機対策」を正式に決定した。財政支出(真水)は約15兆4000億円、事業規模は56兆8000億円で過去最大規模の対策となる。対策を裏付ける2009年度補正予算案や税制関連法案は、大型連休前の27日にも国会に提出する方針だ。(略)


15兆4000億円÷127,767,994人≒12万円

定額給付金って、経済効果あるんでしょぉ?( ̄ー ̄)ニヤリ

それなら、今回の15.4兆円をぜんぶ定額給付金にしたって
いいんじゃないのぉ。

我が家なら12×5=60万円!!
バブル到来!やっほ〜(^^)


:::::::

もし、高所得者にばらまくのが気に入らないなら、課税所得にして、年末調整でもすれば、税収も増えていいんじゃないかと思ったりする。


タグ:エコカー
posted by えすぷれそ at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクラップインセンティブ

13年乗った愛車に価値が…日本でもスクラップ補助金
http://response.jp/issue/2009/0408/article122954_1.html

政府は環境対応車への補助金制度などによる追加経済対策を、今週10日にも発表する。13年以上が経過した車両の買い替えへの補助金は、登録車で25万円、軽自動車が半分の12万5000円とする方向で最終調整している。
補助金は、新規登録から13年を経過していない車両を環境対応車に買い換える場合も一定額が支給される。その際は、下取り車として扱うことができ、スクラップの縛りはない。
これらの補助金の対象は総計で70万台規模となる見込み。1月下旬からスクラップインセンティブを導入したドイツのように、日本も新車販売が一時的に大きく伸びることになろう。


この車のことかいな(笑)
2008082101.jpg

前者は、「経年車の廃車を伴う新車購入補助(スクラップインセンティブ)」として、13年超の車を捨てて2010年度燃費基準車の新車を購入することで補助対象。

後者は、「新車購入補助(経年車の廃車を伴わないもの)」として、排ガス★★★★以上で、燃費が2010年基準+15%の新車を購入する場合に適用で、このケースでは古い車の廃車は不要。

新車を売りたい一心ですな。これが環境対応かというのは、イマイチ疑問ではありますが。。。
この補助金は、新車なんか買えない貧乏人には関係なさそう(ひがみに聞こえますね)ですが、買い替えが進んで、数年落ちくらいの中古車が世に多数出回るようになって、中古車の相場が下がったりするんじゃないかなーとも思うのですが、どうでしょうか。

まぁもう自分は車買っちゃったから関係ないし、新車で欲しい車もないけど、自分が知らない間にミラを換金されると困るなぁ。

======

ここに詳しく書いてありました。
「エコカー補助金を受けるには?」オートックワン
http://ecocar.autoc-one.jp/word/287429/0002.html

2010年燃費基準については、別エントリで。
http://expreso.seesaa.net/article/117986010.html



その他のニュースクリップは、以下。

続きを読む

タグ:エコカー
posted by えすぷれそ at 01:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

ダイハツチャレンジカップ関連

ダイハツ:モータースポーツ撤退 景気悪化で販売低迷(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090114k0000m020095000c.html
 ダイハツ工業は13日、世界景気の悪化に伴う販売低迷を受け、モータースポーツ活動を取りやめることを明らかにした。運転免許を持ち、ダイハツ車に乗っている人なら誰でも参加できる「ダイハツチャレンジカップ」を昨年で終了。全日本ラリー選手権、全日本ダートトライアル選手権への参戦も、08年度限りでやめる。


ダイハツ、モータースポーツから撤退(朝日新聞)
http://www.asahi.com/business/update/0113/OSK200901130144.html
 ダイハツ工業は、景気悪化で自動車販売が落ち込んでいることから、モータースポーツ活動から撤退する。ダイハツ車に乗っている人なら誰でも参加できる「ダイハツチャレンジカップ」を08年限りで終了。全日本ラリー選手権、全日本ダートトライアル選手権への参戦も、09年度から取りやめる。

 チャレンジカップは13年にわたって、年に数回、全国各地で開催してきたが、昨年末の開催を最後に打ち切る。

 ダイハツの輸出は昨年11月で前年同月比34.3%減少。今年度の当初計画(105万3千台)に対し、累計4万6千台減産することを昨年12月までに発表している。これに伴い、09年3月までに非正規社員を500〜600人規模減らすことも明らかにしている。


そして、ダイハツ工業のHP
http://www.daihatsu.co.jp/dcc/index.htm
モータースポーツ活動の終了について

昨今の自動車業界を取り巻く経済環境の厳しい状況により、ダイハツチャレンジカップは2008年度の沖縄第2戦より終了することとなりました。
ダイハツチャレンジカップは、運転免許証とダイハツ車があれば気軽に参加できるジムカーナイベントとして運転する楽しさ、運転技術向上を目的として始まりこれまで多くのファンの皆様にご参加いただきました。
13年間あたたかいご声援ありがとうございました。


「ダイチャレ」なくなってしまうんですね。
ネット上でも皆さん盛り上がっていましたし、ダイハツのターボ車にもう何年も乗っている自分にとっては、何かと気になるイベントだったのですが、会場が遠いとか、ヘルメットを持っていないとか、花粉症だとか、車壊したら嫌だなとか、オートマだからとか、サイドターンができるようになったらにしようとか(言い訳ばかり!)という理由で遠ざかっていたのですが、これで本当に参加する機会はなくなってしまいました。

せめて参加しないまでも一度見に行っていれば良かったな。

と、今になって思うのでした。

ラリーやダートラからも撤退っていうと、「X4」という、強烈に乗ってみたいんだけど絶対に買えないような(笑)モデルは今後どうなっていくんでしょうか。
posted by えすぷれそ at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

洞爺湖サミットって

(javascript使えるようにして見てください)




あははは♪

しかし、ウィンザーホテルってすごいですねぇ。
http://www.windsor-hotels.co.jp/toya/contents2/accom_price.aspx
posted by えすぷれそ at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。