2015年04月04日

東海道・山陽新幹線の料金メモ

○新横浜−新大阪
【エクスプレス予約】(カッコ内はプラスEX)
 こだま早得     11,100(11,100)
 EX-IC       13,040(13,610)
 IC早得B/プラスタイプ1 12,010(12,010)
 IC早得タイプ21   10,900(10,900)
 e特急券+乗車券   13,240

(その他)
 のぞみ指定席   14,320
 ひかり指定席   14,010
 自由席      13,290
 回数券      13,290
 ぷらっとこだま  10,200
  同 (グリーン)11,700
 自由席回数券
 (小田原−新大阪)11,120

東海道新幹線だけなら既存のクレカに追加できる「プラスEX」サービスもある。
こちらは年会費500円くらい。
のぞみ1回乗ればJR東海のエクスプレスカードでもOKだけど、そうでなければ
プラスEXでも同じ料金設定だったりするものもあるので、自分のようにときどきしか
新幹線に乗らないし、ひかりやこだまでOKって人間だと会費安い方がいいかと思う。

○新横浜−小倉
【エクスプレス予約】
 IC早得      18,810
 EX-IC       20,200
 e特急券+往復割引 18,930
 EXきっぷ     20,200
 EXファミリー早得 13,800

(その他)
 のぞみ(往復割引) 20,660
 自由席(往復割引) 19,320
 回数券      20,240

九州までいくとなるとエクスプレスカードかな。特にファミリー早得は安いな〜
大人2人で行っても車より安そうです。
ただ、ホテルに泊まって往復となると「出張パック」のようなものが3万数千円からあります。

(リンク)
エクスプレス予約 http://expy.jp/top.php
プラスEX http://plus-ex.jp/top.php
JR東海エクスプレスカード https://expresscard.jp/
新横浜発ぷらっとこだま http://www.jrtours.co.jp/kodama/shinyokohama.html

posted by えすぷれそ at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

北斗星廃止のニュース

15年度末くらいかと思っていたので、意外と早いな、と。
今度の年末年始っていう「かき入れ時」に運休するっていうから、なんか変だなとは思っていました。

最後のブルートレイン「北斗星」廃止へ 車体が老朽化
2014年12月5日11時24分(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASGD53DJ0GD5UTIL003.html
 上野―札幌を結ぶ寝台特急「北斗星」が、来年3月のダイヤ改定に合わせて廃止される見通しになった。JR関係者への取材でわかった。青い客車が特徴の寝台列車ブルートレインで定期運行されているのは北斗星だけだった。
 北斗星は1988年に誕生。JR東日本とJR北海道が共同運行してきた。シャワー付きの豪華な個室や、懐石やフランス料理も味わえる食堂車などで人気を集めてきた。しかし、車体が老朽化。さらに青函トンネルなどの走行区間が、2016年春に開業する北海道新幹線の試験走行と重なり、ダイヤ調整も困難になったのが理由という。
 ただ、廃止後も大型連休や夏休みなどの観光シーズンに、臨時列車として走らせることを検討する。
 ブルトレ以外で運行されている寝台列車は複数あるが、JR西日本はトワイライトエクスプレス(大阪―札幌)を老朽化を理由に来春で廃止する方針だ。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141205/k10013739491000.html
「北斗星」引退でブルトレに幕(12月5日 12時30分)(NHK)
上野と札幌を結ぶ青い客車の寝台特急、ブルートレインの「北斗星」が来年3月で引退することになり、臨時列車を除きブルートレインは半世紀以上の歴史に幕を閉じることになります。
上野と札幌を結ぶ寝台特急「北斗星」は青函トンネルの開業にあわせて、26年前の昭和63年にデビューし、今も1日1往復が運行されています。
片道およそ16時間かかりますが、個室の寝台や食堂車があり観光客を中心に今も多くの人が利用しています。
しかし、車両の老朽化に加え、青函トンネルで再来年に開業する北海道新幹線の試験走行が始まり列車の運行が難しくなるため、JR東日本などは来年3月のダイヤ改正で「北斗星」を廃止することを決めました。
青い客車の寝台特急ブルートレインは昭和33年から運行が始まり、昭和50年ごろをピークに各地を結んでいましたが、新幹線の開業や空の便の普及に伴って順次廃止されてきました。
ことし3月には上野と青森を結ぶ「あけぼの」が廃止されていて、「北斗星」の引退でブルートレインは、臨時列車を除き半世紀以上の歴史に幕を閉じることになります。
(中略)
ブルートレイン以外の寝台特急は
定期的に運行されている寝台特急は、青い客車のブルートレインのほかにも、▽上野と札幌を結ぶ「カシオペア」、▽東京と高松を結ぶ「サンライズ瀬戸」、▽東京と出雲を結ぶ「サンライズ出雲」、▽大阪と札幌を結ぶ「トワイライトエクスプレス」があります。
このうち大阪・札幌間をほぼ丸1日かけて結び、日本一長い距離を走る「トワイライトエクスプレス」は車両の老朽化などから来年3月、引退することになりました。

posted by えすぷれそ at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

さよなら711系「赤電車」 来年3月で引退へ

DSCF6598.jpg

記事より
http://www.asahi.com/articles/ASG8N4TNCG8NIIPE011.html(朝日新聞デジタル)
さよなら711系「赤電車」 来年3月で引退へ 北海道
2014年8月30日08時49分
 真っ赤な外観から「赤電」「赤電車」と呼ばれ、鉄道ファンに愛されてきたJR北海道の711系車両が、老朽化のため来年3月末で営業運転を終了する。国鉄時代に導入された北海道初の「電車」で、半世紀近く道民に親しまれてきた。JR北は、「ありがとう711系」と題した記念入場券・記念乗車券の販売と、711系で行く道央縦横断の旅を企画している。
 711系電車は、1968年の函館線小樽―滝川間の電化に伴い登場した北海道専用の交流電車。函館、千歳、室蘭、札沼の各線を走り、札幌―旭川間の急行「かむい」「さちかぜ」などにも使われ、道内の大動脈を担った。JR北が現在所有する42両は、いずれも80年以降に製造されたといい、小樽―旭川間の函館線で普通列車として使われている。
 乗務した運転士からは「静かな乗り心地でブレーキの反応もよく、とても運転しやすい」との声がある。JR北の車両は、東南アジアなどで「第二の人生」を送ることもあるが、711系の今後は今のところ未定だという。


posted by えすぷれそ at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

相鉄スト 20140320

また数年後に思い出すために記録(笑)

相鉄が5年ぶりに一時スト、6万人に影響/神奈川(2014年3月20日カナロコ)
相模鉄道は20日、ストライキにより始発から全線で運転を見合わせた。労働協約の改定と賃上げをめぐり、会社側と労働組合が春闘の交渉を続けていたが、午前4時45分の始発までに妥結に至らなかった。ストは午前6時半に解除され、午前7時に運行を開始。同様に、ストで一部路線が運休となった相鉄バスと合わせて6万人に影響が出た。
 相模鉄道労働組合の現在の組合員数は1806人で、ストは2009年6月以来5年ぶり。同日正午には通常通りの運行となったが、運休・遅延による影響は電車で52本5万1千人、バスは旭営業所の担当する325本、9千人に上った。


「計画停電」のときの混乱に比べれば全然ヘーキな感じでしたが。
それでも、9時頃まで運転間隔が開いていて電車がなかなか来なかった感じがしますんで、
次回のスト予定時は午前中予定を入れない方がいいなと思ったところです。
------------------------------------------------------------
相模鉄道労働組合のストライキの解決について
http://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/20140320_train2.pdf
posted by えすぷれそ at 04:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

「あけぼの」廃止 正式決定

2014年3月 ダイヤ改正について(東日本旅客鉄道株式会社 )
http://www.jreast.co.jp/press/2013/20131217.pdf
5.その他
□ 輸送体系を見直します
・ ご利用の減少と車両の老朽化などに伴い、寝台特急「あけぼの」(上野〜青森間)の運転を取
り止めます。なお、お客さまの多い時期に臨時列車として運転します。


報道記事

寝台特急「あけぼの」引退へ=各新幹線は高速化−来春ダイヤ改正・JR(時事)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2013122000760
JR各社は20日、来年3月15日にダイヤ改正を実施すると発表した。東北や秋田、東海道など各新幹線が高速化する一方、上野−青森間を結ぶ寝台特急「あけぼの」が、定期列車としては廃止されることになった。今後は連休などに臨時列車として運行される。
 あけぼのは1970年に運行を始め、最盛期には一日3往復が走ったが、利用者数の低迷や車両の老朽化で引退が決まった。臨時扱いの豪華列車などを除く定期運行の寝台特急は、北斗星(上野−札幌)とサンライズ瀬戸・出雲(東京−高松・出雲)のみとなった。
 一方、各新幹線は高速化や新車両導入が続く。秋田新幹線は全列車が東京−秋田間を4時間未満で結ぶほか、東北新幹線も東京−新青森間が平均9分短縮される。長野新幹線も所要時間が短縮され、2015年開業予定の北陸新幹線に使われる「E7系」車両が投入される。(2013/12/20-17:28)


「あけぼの」来春廃止に惜しむ声 青森駅(12/21 10:22)(北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/aomori/511455.html
JR東日本が20日に発表した来年3月15日のダイヤ改正で、本県と首都圏を結ぶ唯一の寝台特急列車「あけぼの」(上野−青森)の廃止が正式に決まった。利用客数の減少と車両の老朽化が主な廃止理由。青森駅などでは20日、同列車の利用客らが「来年春以降も乗りたかった」「寂しい」などと廃止を惜しんだ。
 あけぼのは1970年10月、1日1往復の定期運行を開始。旺盛な需要に支えられ、1日に3往復した時代もあった。しかし利用客数は現行の1日1往復となった97年当時と比べ4割ほど減少。車両は約40年、機関車は約30年使い続け、存続が難しくなった。
 来年3月14日に上野、青森両駅を出発し、同15日に双方に到着する列車が“ラストラン”となる。同社は来年春以降も夏休みや大型連休など繁忙期に臨時運行することを想定しているが、利用者の落胆は大きい。
(中略)
 佐藤淑子・県観光国際戦略局長は「本県にとっての観光コンテンツの一つがなくなることは寂しい。JR側とも相談し、本県観光の新たな魅力創出に努めたい」と語った。
 JRはまた、北海道新幹線の2015年度末開業に合わせ廃止される見通しの「北斗星」(上野−札幌)について、JR東日本鉄道事業本部運輸車両部の鈴木均次長は「現時点でまとまったことはない」とした


------------------------------------------------------------
ブルートレインとは関係ないけど。

東海道新幹線、車内の自販機全廃 来年3月のダイヤ改定(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASF0NGY201312200006.html
JR東海は20日、来年3月15日からのダイヤ改定に伴い、東海道新幹線車内の清涼飲料水の自動販売機を全廃する、と発表した。
 JR東海によると、1編成(16両)につき、主力のN700系新幹線で2台、700系で6台の自動販売機を設置している。しかし、1回の運行で平均10本程度しか売れていない。あらかじめ駅売店や、車内販売で飲み物を買う乗客が多いため、という。
 自動販売機は1999年3月から設置されていた。撤廃後のスペースには、車内でパソコンやスマートフォンに無線でインターネット接続できる機器を置く予定。


posted by えすぷれそ at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

「ブルートレイン全面廃止」の記事

ブルートレイン全面廃止 JR、15年度末までに(河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/11/20131107t72026.htm
青い塗装の寝台特急「ブルートレイン」が、2015年度末までに全面廃止される方向で検討されていることが6日、JR関係者への取材で分かった。
 現在運行する「あけぼの」(上野−青森)は来春のダイヤ改正で姿を消し、「北斗星」(上野−札幌)は北海道新幹線の15年度末の開業に合わせて同年度中に廃止される見通し。戦後初の寝台特急「あさかぜ」が1956年に運行を始めて以来、半世紀以上列島を走ってきたブルトレの歴史は幕を閉じることになる。
 関係者によると、30年以上使用している客車24系の老朽化が進んでいることや、新幹線、航空機といった高速の交通機関との競争で乗客が著しく減少しており、存続が難しくなった。
 また北海道新幹線が運行する青函トンネルで、開業に向けて電気工事が始まると、新幹線と電圧が異なる北斗星の機関車では走行できなくなることも理由の一つ。乗客減で機関車を新造するコストに見合わないという。
 ブルトレ以外の寝台で、カシオペア(上野−札幌)やトワイライトエクスプレス(大阪−札幌)といった豪華列車、サンライズ出雲(東京−出雲市)、サンライズ瀬戸(東京−高松)は今後も運行を続ける。
2013年11月07日木曜日


ブルートレイン:廃止へ…JR3社、北海道新幹線開業で(毎日)
http://mainichi.jp/select/news/20131107k0000m040116000c.html
毎日新聞 2013年11月07日 07時15分
 2015年度末の北海道新幹線開業を控え、JR東日本と北海道、西日本の3社がブルートレインをはじめ、客車を使った寝台特急を廃止する方向で調整していることが分かった。
 運行開始から30年以上経過して車両が老朽化したことに加え、航空機との競争で乗車率が低下。さらに北海道新幹線開業により、利用客減少が予測されることが背景となっている。
 JR関係者によると、現段階でブルートレイン「あけぼの」(上野−青森間)が来年3月のダイヤ改正で廃止されるほか、14年度末に最後のブルートレインとなる「北斗星」(上野−札幌間)、15年度末には「カシオペア」(上野−札幌間)と「トワイライトエクスプレス」(大阪−札幌間)も姿を消す見通し。「北斗星」は年末年始やお盆期間中に限って臨時運行する。
 電車方式の寝台特急「サンライズ瀬戸」と「サンライズ出雲」(東京−出雲市・高松)はしばらく運行を継続する方針。【斉藤正利】


【要約】さて、記事の説が分かれてますが、どれが正しいのやら。
あけぼの・・・2014.3廃止
北斗星・・・2015年度中廃止or2014年度末廃止/臨時運行あり
カシオペア・・・存続or2015年度末廃止

【はて?】
 また北海道新幹線が運行する青函トンネルで、開業に向けて電気工事が始まると、新幹線と電圧が異なる北斗星の機関車では走行できなくなることも理由の一つ。乗客減で機関車を新造するコストに見合わないという。

これが理由だと、貨物はどうなるんでしょうねぇ。

posted by えすぷれそ at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

鉄道博物館

CIMG0211.jpg
http://www.railway-museum.jp/top.html
いわゆる「てっぱく」。もう開業4年目なんですね。

自分も子どもたちも電車が好きなので、行こう行こうとは思っていたのですが、つい延ばし延ばししていました。
子どもたちが大きくなってくると休日もみんなで出かける隙間がなくなってくるのですが、ちょうど先日みんな空いた日ができて、行こうと思ったらその日ちょうどJRおおみや鉄道ふれあいフェアがあった、と。いうことで、ハシゴした次第です。
ふれあいフェアでもらう会場案内に、鉄道博物館の割引券がついていました。

CIMG0200.jpg
CIMG0223.jpg
駅のホームを模した作りは雰囲気いいです。
CIMG0225.jpg

自分的に"来る"のはこれかなぁ。
CIMG0232.jpg
このカラーは自分的には常磐線の急行「ときわ」のイメージですね。お盆の頃、石岡駅上りホームでデッキまでぎゅうぎゅうになっていたのを見た記憶があります。自分は急行には乗せてもらえませんで、いつも鈍行でした。

CIMG0207.jpg
この東北色の455系でお昼を食べました。窓も開いていい感じ。
このとなりの赤い電車は大宮車両センターで試乗していたの。


これは子どもたちがやった運転士体験教室。
http://www.railway-museum.jp/experience/operate.html
CIMG0219.jpg
リアルな運転台を使って、高崎線で「練習」します。約40分の講習です。
実際の運転士を養成するための訓練設備がベースとなっているようで、初級といっても、ブレーキ曲線をみて、○キロの時は○メートル前からブレーキを・・・なんて話まである本格的なもの。一人500円ですが、「ひと駅ごとに交代しないでいいからよかった」とのこと。

結局てっぱくで丸半日使ってしまいました。広いので疲れましたわ。

さて、ほとんどなんでもsuicaで用が済むてっぱくなんで、駐車場も・・
と期待したんですけど、非対応でした。

で、おみやげ。
CIMG0236.jpg
こんなにピンバッジもらってもなぁ(笑)

posted by えすぷれそ at 00:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

JRおおみや鉄道ふれあいフェア

JRの大宮総合車両センター、昔の「大宮工場」が一般開放される日だそうで、土砂降りの首都高を北上して行ってまいりました。工場入口は、市営桜木駐車場のすぐそばでした。着いた頃には丁度雨が止みましたが。ラッキー。

CIMG0162.jpg
車輪が並んでいて、いかにも工場っぽいです。

CIMG0160.jpg
台車整備の実演。

CIMG0163.jpg
クモヤE995。これ珍しいんですかね?「蓄電池駆動電車システム」だそうですが、止まってるのでなんだかわかりません。
http://www.jreast.co.jp/press/2009/20091005.pdf

機関車の屋外展示。このほかにも蒸気機関車が2両ありました。
CIMG0164.jpg

CIMG0167.jpg
けっこうな人だかりができていました。
大昔EF65がブルートレインを引いていたのは記憶にあるのですが、EF60もそうだっけ?と思ったら、500番台はそうらしいです。知らなかった。

そして、これから車両工場へ入ります・・・
CIMG0169.jpg
続きを読む
posted by えすぷれそ at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

小湊鉄道

http://www.kominato.co.jp/

突然ローカル線っぽいローカル線に乗りたくなってしまいまして・・・
何年か前に乗りに行った鹿島鉄道みたいな雰囲気がいいな。あと、車両も古くないとなぁなんて思うと、ここしかないかな、ということで、行ってきました。まぁ電車に乗るだけなので、子ども4人連れていけば、かーちゃんもその間自由になるしということで、4人連れてきました。もうローカル線楽しむどころじゃなかったですけど(笑)

上総牛久の駅までは、アクアライン→圏央道で横浜から車で1時間。駅の横に1日200円のコインパーキングがあります。また、途中には袖ヶ浦フォレストレースウェイってのがあるので、帰りに寄り道していきましたが、LOVECARS! SUMMITなんてイベントもあったりしたので、そっちの方が印象強かったりして。いったい千葉に何しに行ったのかと(笑)

IMGP6138.jpg
赤鉛筆のチェック入り↓
IMGP6141.jpg


続きを読む(写真)
posted by えすぷれそ at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

津和野にて

SLやまぐち号に乗って津和野までやってきたんですが・・・

「山陰の小京都」と称される歴史の町並みがあるようなのですが、残念ながらそんな街並みには興味を示さない子どもたち3人を炎天下歩かせるわけにもいきません。車なら歩き終わったあと放り込んでしまえばいいんですが、今日は電車で戻らないといけないので、そのエネルギーも残しておかないといけません。
 それに、そもそも自分が津和野を理解できるような教養も持ち合わせていないので、本人もあまり街に興味がなかったりします。
更に、「やまぐち号」の車内で駅弁が売り切れてしまっていて、

 オヤジ!なんで新山口で駅弁買わなかったんだゴルァ!!

と、飢えた3人から突き上げを喰らっていて、散策どころではありません。

201008_03 (18).jpg

なので、津和野駅の駅そばやさんに3つだけ残っていた「かしわめし弁当」という駅弁を買いました。

3つかぁ・・・

「復活運行記念」なんて書かれてるし、写真の白帯の12系客車、書かれた地図の「小郡」など、30年前のパッケージ?。

これを食べながら、SLの入換作業をのんびり見物することにしました。

続きを読む
posted by えすぷれそ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

やまぐち号

山口線の蒸気機関車って、横浜からだと遠い遠いはるか遠くに走っているらしい乗り物で、自分が子どもの頃は、親におねだりするなんて考えもできないくらい、遠い世界の乗り物でした。
実際小郡インターまでは車で12時間くらいかかるから、やはり今でも遠いには違いないんだけど、北九州をベースにすると、「ついそこ」に走ってるように思えてしまいます。

2010080501.jpg
「快速」なので、指定券は大人510円。子どもは半額。乗車券別。
そんなわけで、運良く切符もうまく1ボックス分取れたし、乗りに行きますか。
・・・ってこんな軽い気持ちで連れて行ってもらえる子ども達が正直うらやましいですよ。
なので、九州まで車で14時間かかることくらい我慢しろ(笑)

というわけで、小倉から鈍行を乗り継いで着いたJR新山口駅。「小郡」というほうがいまだにぴんと来ます。
ここは新幹線の反対側。駅前にセブンイレブンがありました。
201008_03 (3).jpg


201008_03 (4).jpg

10:20すぎに入線。
後ろ向きで、機関車が一番後ろで入ってきました。
入って来るなり沢山の人が押し寄せてくるので、写真を撮るのは難しかったです。
201008_03 (7).jpg

続きを読む
posted by えすぷれそ at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

北九州高速鉄道

北九州モノレール
頭上を走るのが見えたので、車をコインパーキングに止めて乗ってきました。
最近できたのかと思ったら、もう25年になるそうです。

駅ビルの中に突っ込んでるのは変な感じです。
2010061902.jpg

2010061901.jpg

すれ違い。
2010061903.jpg

終点の企救丘(きくがおか)の先に車庫がありました。
2010061904.jpg

日田彦山線の「志井公園」駅がすぐそばです。
「国鉄」を彷彿とさせるディーゼルカーが走ってました。
単線+古いディーゼルカー。子どもたちの気を惹きますよ。
2010061905.jpg

なので、小倉までJRで戻りました。
モノレールより大人で20円安い。
時間があれば香春岳の方に乗りたかったのですが。
2010061906.jpg
posted by えすぷれそ at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

大井川鐵道 その2

その1はこちら

大井川鐵道の井川線は途中の「アプトいちしろ」と「長島ダム」の間が、線路に歯車が付いたアプト式の区間。その先の長島ダム駅まで乗っていくことにしました。
イベント用でない、リアルな硬券は久しぶりに見ます。
2010031418.jpg

2010031419.jpg

こんな坂。
途中、アプトいちしろ駅では機関車の連結作業が見れました。わざわざ間もなく出発ってのを汽笛で知らせてくれます。
2010031420c.jpg

長島ダム駅で下車しました。
2010031421.jpg

この駅で行き違いの待ち合わせだったのですが、坂を登ってきた機関車をこんどは下りの列車に連結するので、その場で千頭方面への折り返しが可能でした。

自分たちは列車では折り返さず、金谷からカミさんがここまで車を回してくるはずだったのですが、「崖崩れで通行止」ってメールが入ってました。こりゃ困った。
子どもたちは「プジョーいないの?おかーさんは?」と聞くし。

10分ほどでプジョーが坂を登ってきました。良かった。
聞くと、こんなところに寄り道していて、そこが通行止だったらしい。
2010031429.jpg
林道平田線。このまま進めば接阻峡温泉に抜けるルートのようです。
2010031430.jpg

ナビに素直に従ってきたらそこに行ってしまったとのこと。
絶景だったそうで、「自転車なら楽しそう」というコメント付きでした。

ついでに(?)ダムを見て帰りました。

posted by えすぷれそ at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

大井川鐵道 その1

ご予約ありがとうございます。下記の内容にて承りました。
予約番号は13番です。乗車日当日、ご乗車駅窓口にて予約番号をお申し出の上切符をお買い求めください。

大井川鐡道渇c業部SL係

ということで、初めてSLに乗りました。正確には、SLが引く列車ですね。
東海道線の金谷駅で30年近く前に見たことはあるのですが、乗るのは初めてです。
普通の電車なら幼児はタダですが、今回は幼児含め4人分座席確保。気合充分です。

http://www.oigawa-railway.co.jp/

この日は7両編成。満席でした。
最後尾に電気機関車の後押しがありました。
2010031410.jpg

2010031411.jpg

2010031412.jpg

新金谷で弁当を買って持ち込みました。
子ども達が食べた「大井川ふるさと弁当」
2010031413.jpg

こちらは「島田発 静岡味ものがたり」。
富士山静岡空港の「空弁」だそうです。
ウナギの巻きずしやマグロを使ったメンチカツなど。
しかし、ちょっとボリュームが足りないかな・・・
2010031414.jpg

2010031415.jpg

2010031416.jpg

2010031417.jpg
千頭着。
駅前でドンドコと太鼓の演奏がありましたが、子ども達を機関車に乗せて写真を撮ったり、乗り継ぎの切符を買ったりしたので、見ている余裕もなく、足早に井川線ホームへ。

バスツアーに組み込まれているようで、出発前には新金谷に観光バスが続々と到着していました。次の駅で降りてた団体もありました。

つづく
posted by えすぷれそ at 22:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

休憩所@中里スキー場

やっぱり気になる・・・(笑)
2010011117.jpg

「ブルートレイン中里」と名前が付いたこの休憩所ですが、実際は「旧客」です。白線が引いてあります。

2010011113.jpg

2010011114.jpg
これちょっと雰囲気良すぎ・・・

雪のない時期にも多くの人が訪れているみたいです。

「全国保存客車リスト」
http://homepage3.nifty.com/jnrpc/HOZON/HOZON-NAKAZATO.html
posted by えすぷれそ at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ゆきぐにれっしゃだいさくせん


http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=24017(絵本ナビ)
雪の電車を見て、雪国へ行きたくなったぼくとゆうじは、上越線で越後湯沢まで旅をする。途中、水上駅でお弁当をつかい、湯沢は雪だるまを作り、雪をかぶった貨物列車や駅構内を走るラッセル車にびっくりする。帰りは上越新幹線MAXで東京へ。


という絵本を図書館でこどもたちが借りてきまして、雪国に行きたくなってしまったようです。

(絵本より引用)
おとうさんが、いった。
おまえたち ふたりだけで、いってみないか・・・

   ↓
 あ・・・オレ行く(爆

-----------------------------------------

ということで、絵本にある子どもたちだけのつつましい旅行とは異なり、東京駅近くの駐車場に車を駐め、特急で水上まで行く「贅沢旅行」です。

といいつつ、久々の電車の旅。
2010011101.jpg
2010011102.jpg


続きを読む
posted by えすぷれそ at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

佐久広瀬駅

野辺山高原サイクリング(2009.10)」の続き。

2009110121.jpg
今日のゴールとしたJR小海線の佐久広瀬駅。
標高1,073m。

見えない・・・・?ので、拡大
 ↓
2009110122.jpg

続きを読む
posted by えすぷれそ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

中部天竜 2

行きたくなってしまったら、行くに限る!
ということで、飯田線中部天竜駅構内の佐久間レールパークまで、往復550キロ日帰りで行ってきました。
こどもたち上3人に「とても遠い」を10回以上言って聞かせましたが、みんな行きたいというので3人連れて行きました。

2009091204.jpg

 「飯田線=旧型国電」っていうイメージはありますが、その頃(1983年)走ってた80系湘南電車や横須賀線色の電車が留置されているわけではありませんでした。それでも、ちょうど今展示されていた湘南電車の灰皿は懐かしい感じがしたし、駅とつながっている(駅構内だ)ので実物の電車も見れるし。線路の上も歩けるし。外には椅子もたくさんあるからお弁当も食べれるし。
 そんなわけで親子連れやマニアックな人(両方を兼ねてる人も相当数いると見受けられました)で賑わってました。今まで見たこともない巨大なプラレールのジオラマもあるので、子連れにもいいのかなと思ったら、こどもたちの評は「大人向けだよね」だそうです。
 
2009091212.jpg

佐久間ダム方面へ少し登ったところから眺めた図。
2009091210.jpg

「佐久間ドロップ」と塗り絵をお土産に買いました。
2009091211.jpg

続きを読む(写真多数)
posted by えすぷれそ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

中部天竜

山の中の鉄道博物館、最後の夏 移転控え大にぎわい(asahi.com)
http://www.asahi.com/travel/rail/news/NGY200908290002.html
愛知県豊橋市からJR飯田線の特急で約1時間、中部天竜駅の構内にあるJR東海の鉄道博物館「佐久間レールパーク」(浜松市天竜区佐久間町)。名古屋港への「移転」に伴い11月1日で閉園が決まった今年、開館時以来のにぎわいを見せた。
(中略)
レールパークにある鉄道車両は16両。戦前に京阪神で急行電車として活躍し、流線形の車体で人気を誇った「モハ52形」(37年製造)は飯田線で定年を迎え、そのまま保管されている。「ゲタ電」と呼ばれた「クモハ12形」は・・・(以下略)


やばい!強烈に行きたくなってきた!!
東名で浜松ICから50キロ北上。ふむふむ・・・
途中には遠江二俣もある( ̄ー ̄)ニヤリ

※続きはこちら
posted by えすぷれそ at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

δの話題

今月半ばから新しい11000系という車両が走り出した相鉄線。
プラレールは半年くらい前から我が家で運行されていたのに、なぜか実車がなかなか出てこなかったです(笑)

で、子ども3人つれて出かけたところ、ちょうど来ました。
これが誰か一人連れて行ったときだったら、帰宅して自慢して
羨ましがる他の2人と殴り合いになるところなので、ラッキーでした。
2009062702.jpg

=============

その前日の話、同社が、日本国憲法第28条に基づく団体行動権を行使するとかで話題になってまして、わくわくしていました。

朝ニュースを聞いたら「スト決行」とのこと。
過去、確か1992年3月のときには、道路が1日中大渋滞していた記憶があったので、別会社のバスも動かないだろうし、これを口実に自らも仕事を休んでしまおう!やっほ〜!がんばれ労働者!とひとり盛り上がっていたのに、7時前という微妙な時間から動き出しまして、個人的なストライキ(休暇だけどね)も回避させられてしまったところ。実に残念だ〜。。。

2009062703.jpg

ストの代替措置(?)で、「臨時乗車証」というのをもらってきましたが、これまた、昭和の香り漂う硬券のきっぷ、下半分は黄色く変色しているものに、期限を紫のゴム印で押したもの。

実にいい雰囲気。使わずに記念に(?)取っておこうかな。

続きを読む(ニュースクリップ)
posted by えすぷれそ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。