2012年01月26日

食物アレルギーの記事

食物アレルギー「食べて治す」は注意 治癒は半数以下(2012.1.24朝日新聞)
http://www.asahi.com/science/update/0123/TKY201201230646.html
 食物アレルギーの原因となる食物を食べて治す「経口免疫療法」と呼ばれる治療法を受けても、治ったと言える患者は1〜5割程度にとどまり、重い副作用を経験する例も多いことが、厚生労働省の研究でわかった。研究班は診療指針を改定し「現時点で一般診療として推奨しない」とした。
 食物の摂取量を増やしながら症状が出ないようにする治療法はまだ研究段階だが、研究班の調査では少なくとも49施設が実施、1千人以上が受けていた。
 研究班は、卵や牛乳、小麦を摂取すると、じんましんや呼吸困難など複数の症状が出る子ども179人を治療した国立病院機構相模原病院の事例を分析。原因となる食物の目標量(鶏卵1個、牛乳200ミリリットル、うどん200グラム)を3カ月間取り続けても、アレルギー症状が出なかった患者に対し、2週間休止した後、食物をもう一度摂取して症状が出ないかどうかを確認した。


 記事の元になった研究結果をぐぐってみましたが見つかりませんでした。テレビなどにも取り上げられていたみたいなので、もっと実効性が上がっていたのかと思ったのですが・・・
webの記事だと、1〜5割というよくわからん可能性が書いてありますが、紙面では、7〜8割は食べ続けている間は症状が出ない、しかし休止後も症状が出ない(治ったと診断された)のは、卵38%、牛乳10%、小麦50%、3〜5割が重い副作用を経験ということが書かれていました。

 意外と"成功率"低い・・・

 記事の続きに出ていた相模原病院で申し込んでいたのですが、事前に食物負荷試験を実施してその結果で経口免疫療法の対象に選ぶということだったのですが、試験の結果が軽かったからでしょうか、免疫療法には選ばれませんでした。
 1週間の入院が必要だし、子供心に卵は危険というのがすり込まれているので、完全加熱は大丈夫と言われても心理的に避けることを解いていかないといけません。そんな中、卵を食べさせ続けたり、「重い」副作用が出たりしたときの負担を考えると、その「1〜5割治る可能性」にかけてみるべきなのか、難しいところです。



posted by えすぷれそ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

砂場遊び

なんで子どもって砂場遊び好きなんでしょうね。
image-20111225173353.png
posted by えすぷれそ at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

扇風機

今まで3人だれもそんなことしなかったし大丈夫だろう、と思って油断していたら、4番目くん、やってくれましたよ。

2011070401.jpg
扇風機に指突っ込んでしまいました。それもプロペラの横の方から。

もともとここの羽根が欠けていたのか、今回欠けたのかちょっとわかりませんが、ちょっと痛々しい。当の本人は、切り傷で縫いもしなかったのでよかったです。

節電とは関係ありません(笑)
posted by えすぷれそ at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

瞬足

小淵沢インターそばにある八ヶ岳リゾートアウトレットに行きました。

基本的に着るものには無頓着で、ブランドものなんて興味ないので、
アウトレットモールなんて自分には縁のない場所ですが、
天気も悪いし、もしかしたら子供たちの服あるかもねと行ってみたら、
ABCマートで「瞬足」の安売りを発見!
どの子も履いてるっていう超定番ですね。
なんか専用サイトまであるし。

色めき立つ子どもたち。
ちょうど靴もボロくなってたし、運動会のリレーの選手に選ばれてることもありまして、上二人に買いました。

P1400010.jpg
なんかあちこちに「瞬足」って書いてある・・・・

左右非対称ソールでコーナーで差をつけるなんて、スポーツタイヤみたいです。
このソールで実際どれだけ差が出るのか実はよくわからないところもタイヤみたいです(笑)

この靴、通販の安物と違って穴あきにくいのよね〜とカミさん。
なんだ今までも瞬足だったのかよ。


3番目の子も欲しいって言っていたけど、「幼稚園は直線だから意味ねえだろ」と
厳しく突っ込まれていました。

どうやら運動会ではみんなこの靴らしいので、実際の効果は期待してません。
メーカーも、
「速い子はより速く、遅い子には"夢を"」なんて、よく読むと所詮遅い子には夢でしかないような、
夢のない厳しい現実を書いちゃってますが。

でもせっかく買ったので、本番では気合い入れて外側からぶち抜いてくれ。気分いいぞ〜(笑)

posted by えすぷれそ at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

負荷試験後の診察に行ってきた

久しぶり、ホント久しぶりに結婚式の招待状をいただきました。
喜んで出席しますよ、と返信はがきを見ると・・・
IMGP6304.jpg

なんとアレルギー対応(?)。除去対応してくれるんでしょうね。
久しぶりの結婚式なので、今はこういう表示を入れるのが当たり前になったのか、それともここの式場が気を使ってそうしているのかはわかりませんが、驚いた。大人でもエビカニだめな人もいるだろうし。

これは結婚式ではないんだけど、ホテルの会食の子ども用メニューで乳・卵の除去をお願いしたことがありました。で、除去なしの上の子のハンバーグやクリームコロッケに対し、出てきたのが、とても立派でおいしい魚料理。こっちの方が除去なしよりいいんじゃないの?なんて思ってしまうくらいでした!
IMGP5688.jpg

ただ、他の方のブログ見たりすると、ひどい対応のとこもあるようですが。。。

さて、本題。
秋の食物負荷試験で判断保留となって、自宅で卵を食べさせていたらじんましんと呼吸器のアレルギー反応が出てしまった我が子。

そのときのメモを持って、病院の定例の診察に行ってきました。先生からは、ガッツリ火を通したものは食べ続けてみてくださいと、抗アレルギー薬のクラリチン(おれの花粉症の薬だ!)と気管支拡張剤の吸入薬を処方されました。

帰り道のサイゼリアでお昼を食べました。ちょっとくらい卵入っていても平気なのに、どうしても卵を避けてしまう。この癖は抜けないよなぁ。
IMGP6194.jpg
それにしても、これ子ども二人の量か?ちょっと食べ過ぎじゃないか・・

※サイゼリアはHPにアレルゲンの表はないんですが、お店で頼むと持ってきてくれます。
 でもこの明太子パスタ大丈夫だったのかな・・?(汗


ちょうど昨日の日経夕刊に「食物アレルギー 食べて治す」という経口免疫療法の記事が出ていました。


posted by えすぷれそ at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

食物負荷試験3

アレルギー持ちのうちの子。

とは言っても、4人のうちでも症状の出る出ないがあり、卵除去の隣で別の子が卵かけご飯を食べてたりもしてます。

そんな中、少しずつでも「食べれるんじゃないか?」というのが見えてきたところです。

食べれるようになったかどうか、病院でお医者さん立ち会いのもと行う「食物負荷試験」。
1回目の日帰り検査での乳、2回目の入院外泊での卵黄に続き、3回目となる今回は、ついに全卵にチャレンジです。それも耐性のチェックだけでなく、今後の減感作療法へ向けた試験となります。

今回は、午前と午後2回試験をしますが、そのうちどちらかはアレルゲンの食物が入っていません。ダブルブラインドプラセボコントロール食物負荷試験(DBPCFC)という長い名前が付いているようです。

試験には親の付き添いが必要とのことで、逆に親以外(兄弟やじじばば)は×なので、仕事をお休みして行きました。

2010112604.JPG
試料はこんなの。イチゴピューレにまぜているそうです。
きっとキューピーのこれかなぁ?
原因食品を特定する一番確実な方法は、原因と思われる食物を試験的に摂取する食物負荷試験です。
この負荷試験は、タマゴ(全卵、卵黄)などの乾燥粉末をイチゴピューレに混ぜたアレルギー診断食を患者に摂取させ、アレルギー反応を起こすか確認するものです。
この診断食は、専門の医療機関とキユーピーの共同で開発しました。


これを、15分おきに、スポイト(?)のようなものできっちり測って飲ませるのですが、この味、どうも微妙なのか、食が進まない子も。

午前・午後と試験をして、ちょっと痒いだとか鼻が出ると言ったくらいで、大きな反応もなく終了。この日はお泊まりです。

病院での食事はもちろん除去対応。夕食にはマヨネーズが出ました。もちろんちゃんと卵抜きのなんですが、生まれて初めて食べるマヨネーズ。
2010112605.JPG
感想は、「なんかすっぱい」だそうで、

あぁ初めて食べるとそういう感想になるんだな、と。

ここで、自分はいったん帰宅します。

はじめての一人の入院ですが、なんだかんだ楽しかったようです。
翌朝9時過ぎに迎えに行き、退院となったのですが、名残惜しかったのか同室の子たちとトランプをし、10時過ぎに病院をあとにしました。

ちょっと痒いだとか鼻が出るといったのが、卵入りの方だったので、結果は「解除」ではなく、判断は保留とのこと。今後は家でも卵を食べさせて反応を見て、次の診察時に先生に判断していただくようです。


ですが、そのままめでたしめでたしというわけにはいきませんで・・・
後日、全卵2/3程度のお好み焼きを食べ、ぜい鳴やじんましんが出てしまいました。
検査の時に「かゆい」っていってた同じ場所が蕁麻疹になったので、検査の時も、きっとその前兆だったのでしょう。

本人は、ラーメンだ!ケーキだ!と喜んでいたのですが、残念ながらもう少し様子見かしら。
なかなか順調にはいかないものですねぇ。




posted by えすぷれそ at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

食物負荷試験2

http://www.hosp.go.jp/~sagami/fukashiken.html(相模原病院HP)より
原因食物に対するアレルギーの血液検査や皮膚テストなどの結果では食べられるのか食べられないのかは判りません。 食べられるかどうかは、実際に今まで除去していた食べ物を食べること(食物負荷試験)で判断します。


前回はこちら
http://expreso.seesaa.net/article/108990287.html

前回は日帰りで、自宅から用意したホットケーキを待合室で食べさせる、という簡易なものだったのですが、今回は1泊2日の入院検査。
「保護者のみ(=祖父母、兄弟は×)立ち会い」とのことなので、仕事をお休みし、電車とバスで病院へ行きました。

続きを読む

posted by えすぷれそ at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

メロンパン

一般的な「メロンパン」とはイメージが違いますが・・・

2009082801.jpg

2番目の子が生まれて初めて食べるんじゃないかと思う菓子パン(?)です。

国立相模原病院から小田急相模原駅方面に3歳児の足で5分ほど
歩いたところにあるオレンジバスケットというパン屋さん。

これは卵・牛乳不使用だそうです。
病院が病院だけに、そのほかにも卵や乳を使っていないパンが
いろいろありました。

ちなみに国産小麦と天然酵母を使ってるそうです。

posted by えすぷれそ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

出生届

2009082305.jpg

この紙を出すのはこれで4回目なんですが、
へ〜色は青なんだ・・・親の本籍地も書くんだ・・・
母子手帳に証明するんだ・・・という感じで
前回までの記憶がまったくありません。

名前を間違えていないかどうか、10回以上見直しましたが、
それでもけっこうドキドキものでした。

posted by えすぷれそ at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

横浜美術館

いい天気でしたね。

自転車でみなとみらいの横浜美術館へ。

cIMGP2733.jpg

といっても、美術館めぐりをするほど高尚な趣味を持ち合わせて
いるわけではなく、電車で来ていた家族と合流して「子どものアトリエ」へ。

絵の具と絵筆を持たせて子どもたちを放し飼いにできるスペースが
ありまして、こんな感じ・・・

cIMGP2739.jpg

巨大なカンバスが用意されているのですが、壁もガラスも床もペイントのターゲット。これは楽しいです。
(最後にお掃除タイムがあります(笑))

クイーンズで久しぶりに5人で外食。
インド料理「カザーナ」のランチブッフェでしたが、
サラダもデザートにも目もくれず
ひたすらカレーだけを食べ続け、最後は「激辛玉子カレー」でシメ。

子連れでしたが、スタッフの方には親切にしていただきました。

おなかいっぱい食べました。夜になっても胃が熱いです・・・


posted by えすぷれそ at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

食物負荷試験

2年半ぶりに車で1時間ほど離れた病院に子どもを連れていきました。

いつもの診察ではなく、この日は「食物負荷試験」。
アレルギーの症状が良くなってきたところで、それまで除去してきた
原因物質を採っても大丈夫かどうかを調べる試験です。
いわば、「卒業試験」みたいなものですね。

この試験の中でも、「オープンチャレンジ」という、試験を受ける
本人も何が入っているかわかっている状態で行うもの。
病院のHPを見ると、入院もしくは2日連続で
いかなければいけないように思えますが、今回は2時間経過を見る
だけで済み、入院も不要のものです。

加熱した牛乳25ccを入れたホットケーキを作り、1/8にカット
したものを持参します。

cIMGP0742.jpg

小児科診察室前の待合いスペースで検査。何かあったらすぐに
先生に見てもらえる場所です。
事前にスタッフが肌の様子等をチェックして、検査開始!

まず、8分の1を食べます。特に変化なし。
30分後、すたっふのチェック後に8分の3を食べます。
もう30分後、残りの2分の1を食べて、経過を見ます。
といっても、特に何かあるわけでもなく、絵本を読んだりして過ごす
わけです。

こうしてもう1時間過ごしますが、とくに症状が出ることもなく、
その後の診察でも問題ないということになって、ついに、加熱した
少量の牛乳にOKが出ました。

世の中、意外なものにも乳が入っているので、物を買うときはいつも
パッケージの裏の成分表示や、アレルゲン表示をチェックしていた
のですが、これでだいぶ食べられるものが増えるよ〜
パンもフランスパン以外も食べられるし、ベーコンもOKだし。

薬ももらって家に帰る頃にはもう日が暮れてしまいました。
一日仕事になってしまいましたね・・・


posted by えすぷれそ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

天体望遠鏡

さすがに小学校に上がるとそんなものの存在を知ってしまうのか、
上の子が天体望遠鏡を欲しいだなどと言い出しました。

昔ながらの、ビクセンとかフィルターのケンコーとかなんかの
って、結構高いです。

で、見つけたのが、これ。
子どもにちょうどいい値段だし、自分でも仕組みを見てみたく
なりました。

「組立天体望遠鏡 35倍」(星の手帖社)
http://business3.plala.or.jp/starbook/scopage35.html

cIMGP2720.jpg

本みたいな大きさの箱に
こんな感じで入っていました。

組立は、レンズの向きや、はめる位置など、大人なら大丈夫だろうが
さすがに小学校低学年では難しいよう。
意外とシンプル。表題どおり10分で組立完了!

35倍というと、やはりでかく見えますねぇ。
ちょっとでも動くとすぐにどっかに行ってしまうので、
三脚を使ってきちんと固定しないと。

で、無理矢理コンデジのレンズを接眼レンズにくっつけて
月の写真を撮ってみました。こんな感じ。

 ↓↓
続きを読む
posted by えすぷれそ at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

折り鶴

上の子がハサミで紙を切って何をしてるかと思ったら、

まぁ、不器用な父親に似ないで良かったと喜ぶべきなのか、

下の子の世話にかまけて放っておかれたせいで、鶴でも折って時間潰してたのか。

どうしてこんな小さい鶴を折る気になったのか、聞いてみたい気もします。

まぁ世の中には5円玉の穴の中に入るくらいのを折る人がいらっしゃるようですが・・

posted by えすぷれそ at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

久しぶりに子どもと遊んだ日

土曜日は午後まで寝ていました。

いい天気!

自転車に空気入れて少しだけ乗ってみたけど、すぐに息切れ。

子どもたちと日が暮れるまで自転車に乗って遊んで、
子どもたちといっしょに寝てしまいました。

20061202.JPG


日曜日は仕事なので、ホントに短い週末。

でも、休めただけマシだと思うことにします。

平日にほとんど期待できない睡眠時間も取れたし。
posted by えすぷれそ at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

低アレルゲンカレー@デニーズ

TDLの続き。多分これで最後にします。

ディズニーランドの中は食事も高そうだし、乳・卵なしなんてあるかどうかわからないよな、と思い(本当はわかります)、夕食はいったん車で外へ出て、浦安市内のデニーズへ。偶然にも低アレルギーメニューがあるのを知って、ここがいいじゃん、と。

cIMGP0481.JPG
低アレルゲンカレー

お時間かかります、と言われたけど、大人のよりも先に出てきました。味は、ふつうの子ども向けカレーでおいしいです。このソーセージがおいしそうなんだけど、ひとかけらも食べさせてもらえませんで、気付いたときには消えてました。

ちなみに、ディズニーファンとかいう雑誌があって(そういう雑誌があるのをはじめて知った!)、今回(12月号?)に見開き2ページで低アレルゲンメニューの紹介がされていました。ディズニーリゾート内でも食べられそうですが、

折角の機会なので、思い浮かぶファミレスの低アレルゲンメニューを調べてみました。いろいろあるもんだなぁ、と。

----------------
以下、リンク集for自分(笑)
----------------

デニーズ:低アレルゲンメニュー
http://www.dennys.co.jp/dj/approach/allergen.html

ココス:「食物アレルギーって何だろう」
 低アレルゲンメニュー3種。アレルギー一覧表あり。
http://cocos-park.jp/allergy.html

ロイヤル:お子さまカレーライス。HPにアレルゲン一覧あり
http://www.royal.co.jp/royalhost/menu_idx.html

すかいらーくグループ:ガスト、すかいらーくのアレルギー物質5品目一覧をPDFで公開
http://www.skylark.co.jp/quality/allergy.html


モスバーガー:PDFで公開
http://www.mos.co.jp/menu/ingredient_allergy/

マクドナルド:アレルギー情報。探しづらいが・・・
http://www.mcdonalds.co.jp/quality/basic_information/allergy.php




posted by えすぷれそ at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

早く帰った日のこと

お仕事が少し落ち着いた感じになっていて、早く帰宅したのですが、もう電気は消えていました。

玄関を開けると上の子がトコトコと出てきました。みんな寝てしまって、一人退屈していたのでしょう。
おしゃべりを聞きながらお風呂のドアを開けたまま入り、お鍋に残った夕食を温めて、おしゃべりを聞きながら残ったごはんを全部食べて、紙ヒコーキが飛ぶのを横目で見ながら流しに溜まっていたお皿を洗って、

 もう遅いぞ。眠くないのか。。。。うん。全然。
 紙ヒコーキ全部片付けろよ。。。。はーい。
 なんか本持ってきな、読んでやるよ。
 「おやすみ、くまくん」は?。。。。飽きちゃいそうだヨ。

毛布に二人でくるまって、絵本を2冊読み終わったところで、

 もう寝な、おやすみ。。。。

あっという間に眠ってしまいました。自分だけ少し夜更かししているのが楽しかったんでしょうね。眠いの一生懸命我慢して。

おやすみなさい。
posted by えすぷれそ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

七五三

一足早く、近くの神社に行ってきました。写真はだいぶ前に撮ってしまったので、今回はちょっくらおめかししただけ。他の子はびしっと和装で決めてたけど。

御祓いをしてもらい、絵本などが入った手土産をもらって終了。

その後は、首都高に乗って目白の椿山荘へ。

って、ただのランチバイキングなんだけど。
わざわざ首都高乗っていく程のものかどうかは考えちゃうけど、結婚式も多く、あの華やかな雰囲気はいいですね。

庭園の散歩もしてたら、結局1日がかりになってしまった。


posted by えすぷれそ at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

子どもに自分がどう映っているのか?

帰宅すると、上の子の枕元に紙が数枚、綴じて置いてあります。
どうやら、覚えたての字で絵本を作ったらしく、似顔絵(と思う)のまわりに文章が書いてあります。「と」が鏡文字なのは愛嬌♪

で、

お母さん「おりょうりスキだけどときどきおこる
 
   あはは。

自分「かしこくでんしゃがすきだのりものすき

   誰が賢いって?まったく・・・

おばあちゃん「いつもあますぎ

   甘やかすからなぁ。

で、次はお父さんのページ。・・・・orz

続きを読む
posted by えすぷれそ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

夏休みは病院へ

この期に及んで、夏休み取っていいよ、と言われても・・・・・

遠慮なく。

ちょうどその日は真ん中の子の病院の日に当たっていたので、みんなでお出かけ(ではないか)。家から車で1時間ほどかかるこの病院は、去年から定期的に来ていてすっかり馴染みの場所となってしまっているし、平日に休んでるって感じで、何だか少しホッとしてしまうのです。
で、ちょっと肌荒れ(?)のある下の子、どうせならということでいっしょに見てもらったら、どうやらアレルギーのケがあるっぽくて、血液検査。結果は次回に。

この子もそうかい。
まぁ遺伝なんだろうから、しょうがないんだろうけど。。。。

真ん中の子は自分の境遇を理解しているようで、卵入ってるもの見て「カユイカユイだね〜」なんて言ってるし、他の子が食べてるのを欲しがったりもしない。上の子の食べ物も合わせてしまってるけど、特に文句も言わない。でも、本当に欲しがっていないのか、自分を封印してしまっているのかは僕にはわかりません。本当のところはどうなんでしょうか。

病院から帰ってというもの、先週末の疲れが出たのか、病院から帰って僕は昼寝。夕食後も崩れるように寝てしまって、貴重な夏休みは終わってしまいました。疲れてるなぁ。



posted by えすぷれそ at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

写真屋さんで思ったこと

久しぶりに土日両方休み〜

で、休めるうちにということで、七五三の写真を撮りに「こども写真館」の類の写真屋さんに。まぁこの時期ならお安いというのもあるんだけど、暑い中スーツを着て行ったのでした。

衣装の中から、子どもたちの洋装と和装を選んでお着替え。
そのあいだにスタジオを覗いてみます。コメットのストロボがピーピー鳴るのは昔からなんでしょうけど、カメラがデジカメ・・・・撮った瞬間にモニターに写真が出てくる・・・そういう時代なんですね。

確かに、大判のカメラ使わなくても画素数上げちゃえばいいんだから、お手軽だよな。

しかし、子どもをまともに撮るのはたいへん。はじめは緊張してるし、途中からふざけてまともな顔しないし(躾の問題かもしれんが)。スタッフ4人で一生懸命なだめてくれて、40分ほどかけて撮影終了。

もうその場で引き延ばす写真が選べるんですね〜。
で、家族みんなが写ってるのを見ると・・・

なんか、自分、とっても疲れた顔していまして・・・ショックだなぁ。

何かオレ疲れた顔してない?って聞いたら、

最近いつもそういう顔だよ。あとでその頃忙しかったの思い出していいんじゃない?

だとさ。

その日は夜7時に寝ました。
posted by えすぷれそ at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。