2008年03月12日

e-Tax 確定申告完了!

国税庁のe-Tax案内サイトはこちら
http://www.nta.go.jp/e-tax/step00.html

さて、先日1時間ほどかけてソフトのインストールからICカードリーダの接続やらを行って、税務署あて開始届出書の提出まで終わった確定申告の電子申告、その続き。

え〜と、源泉徴収票は、と。

源泉徴収票の内容を入力していきます。
給与支払者なんてのもいちいち入れるんですね。

で、「電子証明書等特別控除」の入力画面でチェックすると、
控除額が5千円増える(=5千円還付される)という仕組み。

で、次に、住民税に関する事項の入力です。
(カードリーダーに住基カード入れてるのに、住所から全部入力していくのかよ!)
ここらへんは、今までのPDF→印刷→郵送という申告書作成の流れと大差ないです。

難なく申告書ができて、保存して、送信!

エラー。
初期登録忘れてた(笑)
「開始届」出して安心していました。
だいたい、開始届と初期登録とどう違うのよ!って聞かれても答えられないのですが、とにかく両方きちんとすませてないといけないようです。

初期登録すませて、今度は無事に送信。

ここまで1時間ほど。
のべ2時間の作業で無事終了。5千円の振り込みを待つばかり。
何とかイニシャルコストは回収できる見込みとなりました。
ヨドバシのポイントもあわせると、差し引き1,300円程度の得?

手間かかったな。
はっきり言って、国税庁の申告書作成HPでPDFファイル作って、印刷したのを送った方が、全然楽です。

自分はちょうど秋に引っ越して、その手続きで役所に出向いたついでに住基カードと電子証明をもらってきていたので、ひと手間省かれたのでしたが、カードもらってからもこれだけの手間がかかることがあらかじめわかっていたら、やらないだろうな。

(余談)
住基ネットってのが、いったいどういう目的で全国的に整備されているのか、不勉強なのでよくわかっておりません。まだまだ発展途上のシステムなんでしょうか。
ただ、住基というものについては(情報管理という点で)あまり信用できないというか、「卒業生名簿」レベルの管理なんじゃないか、と思っていました。というのも、かつて子どもの出生届を出すと、子どもの成長に応じて適切なタイミングで「あの子はもうオムツがとれているのにうちの子はなぜ???」という漫画としまじろうの絵が入ったパンフレットが自動的に送られてくるという、すばらしいシステムがありましたから(住民基本台帳閲覧でDMデータを収集していたようです・・・ベネッセIR資料より)。今はこんなことないんでしょうけど。すっかり余談ですが。
posted by えすぷれそ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Blog・デジもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。