2014年12月18日

爆弾低気圧

http://www.sankei.com/life/news/141217/lif1412170041-n1.html
 北海道などに暴風雪をもたらした冬の嵐。日本海と本州南岸それぞれに発生した2つの低気圧が、北から流れ込んだ強烈な寒気の影響などで急激に発達したことにより、近年例を見ない「爆弾低気圧」を生み出した。
 気象庁によると、2つの低気圧はともに発達しながら、日本列島を挟み込む形で北東方向に進み、17日午後3時までに北海道付近で一つになった。特に太平洋側の低気圧は16日午後3時時点で996ヘクトパスカルだったの中心気圧が、ピーク時の17日正午時点には948ヘクトパスカルまで下がり急発達した。気象庁は「これほど急激な発達度合いをみせるのは数年に1度」と説明する。


「爆弾低気圧」というのは気象庁では使わないそうで、「「急速に発達する低気圧」などと言い換える。」とのこと(http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/haichi1.html

14121709.png
posted by えすぷれそ at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。