2013年05月14日

待機児童の話

気になったのでこの場にメモ。
------------------------------------------------------------
待機児童数、数え方変え3倍以上に 東京・杉並区(2013年5月10日(金))
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/TKY201305090538.html
保育園に入りたくても満員で入れない「待機児」について、杉並区は2013年度から、保護者が育児休業を延長したり、仕事を辞めたりしたケースも「待機」とみなすよう数え方を改める。保育需要の基本となる考え方を見直し、待機と認められにくい現状を実態に近づける。10日に都に報告する。
 同区の13年度の待機児数は、旧来の数え方では94人だが、新たな数え方では3倍以上の285人となる。昨年度は52人だった。
 新たに「待機児」に含めるのは、預け先が見つからず、(1)内定した仕事を辞退した(2)仕事を辞めた(3)育児休業を延長した(4)ベビーシッターを利用している(5)都の設置基準に満たないベビーホテルに預けた(6)1人親家庭のため引き続き求職活動を続けている――のケース。同区は長年、これらを「待機児」と数えておらず、預け先を探す母親の間から「待機の実情に合っていない」と批判の声が強かった。


待機児童ゼロになりそうな横浜市。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/kinkyu/file/240517-240401taikijidousuu.pdf
24年4月の待機児童数は179人ですが、保育所申込者のうち次の人たちは「待機児童」から除いているそうです。
(D)・横浜保育室 965
  ・家庭的保育事業 59
  ・幼稚園預かり保育 5
  ・事業所内保育 19
  ・一時保育・乳幼児の一時預かり施設 69
(E)育休関係 186
  (4月1日に育児休業を取っている人)
(F)主に自宅で求職活動されている方 213
 (ご自身等でお子さんをみながら、インターネットなどを利用し、在宅で職を探している方)
(G)特定保育園のみの申込者など 680
 (1か所しか申し込んでいない方、2か所以上申し込んだ方で内定した保育所があるにもかかわらず、第1希望等の保育所しか入園を望んでいない方など。)

保育園って、1か所だけの申込はだめなんだ〜と違うところ見てたりしますが・・・

保育所を申し込んでいながら一時保育・家庭的保育だったり、自宅で求職活動してるとかっていうのは、「待機」じゃないんですねぇ。(あきらめてもらったってこと?入所の実情を知らないのでこの感想の根拠はありません)
posted by えすぷれそ at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/361119687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。