2012年11月25日

ランドナーレストア(5)ハブのグリスアップ

フロントハブのがたつきがあったランドナー。
フロントだけなら、自分で調整してみるか、というか、調整するならグリスも入れちまえってことで。

13mmのハブスパナを買えばいいんでしょうけど、高いので、ホームセンターで類似のものを探してみたところ、ディスクグラインダー用両口スパナというものがあったので、買ってみました。
RIMG2277.jpg

厚さ3mm強。微妙に入らないので・・・
RIMG2272.jpg

ヤスリで削ってOK!(笑)
RIMG2275.jpg

17mmのレンチと組み合わせて、22年の時を経て明かされるハブベアリングの状態。
RIMG2279.jpg

・・・・・・
RIMG2280.jpg

反対側にマグネットトレイを置いておいて、シャフトを抜きました。
グリースがないのでポロポロベアリングが落ちてきました。
RIMG2281.jpg

グリスが少し残ってました。こんな感じで。もう固形です。
RIMG2283.jpg

玉押しには傷が入っているようですが、代わりの部品を買っていないのでそのまま封印しようかと思います。
RIMG2285.jpg

パーツクリーナーでベアリングもきれいにしました。
RIMG2287.jpg

普通自転車にはデュラグリスというのを使うようですが、ツーリストとしては(意味不明)、ここはAZの「袋入りリチウムグリース」で。198円。
RIMG2278.jpg

蛇腹式、意外と使いやすいです。
たっぷりのグリスで埋めて、
RIMG2291.jpg

ピンセットで玉を戻しました。
RIMG2292.jpg

この後の調整のところが、ゴリゴリとかスルスルとか難しいようだったのですが、自分は手で玉押しを少しきつめに(ゴリゴリまで)押し込み、次にロックナットも手で止まるまで押し込み、最後にロックナットを17mmレンチで押さえながら、玉押しを13mmで緩める方向に回して止めたらうまくいきました。

シフトワイヤも変えたいけど、とりあえずこれで乗れるところまでいきました。
DSCF1045.jpg

後日、大きいダイソーに行ったら「板スパナ」なる商品が。
13mmならこれで良かったのかと思います。
DSCF1041.jpg

posted by えすぷれそ at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。