2012年07月14日

『渋滞に関する家族の意識調査』(^^)

http://www.fujitsu-ten.co.jp/release/2012/07/20120705.html

あはは。
NEXCO各社の渋滞予測に先立ち(?)こんな調査が。
以下、引用はこのHPからです。

渋滞は家族の“修羅場”になりがち
3人に1人が渋滞中に夫婦喧嘩
約半数の子供がダダをこね、親は困っている

●渋滞中に夫婦でケンカになってしまうことがある親は33.3%(「ある」6.5%と「時々ある」26.8%の計)

"修羅場"っていうなら、高速道路上で怒って車降りて「もう歩く!」ってシーンを想像したのですが・・・夫婦喧嘩程度で修羅場といわれてもなぁ。

●渋滞中に子供がダダをこねて困ることがある親は43.5%(「ある」10.9%と「時々ある」32.6%の計)
■渋滞の時、車の中にいるのがつらくて、がまんできないことはありますか [対象:子供340名]
「ある」10.9%+「時々ある」29.4%⇒40.3%

まぁこれは親ばかかもしれませんが・・・ダダをこねても基本スルーなので困ることはありませんが、うちは子どもたちは(父親はともかくとして(^_^;)渋滞慣れしているのか、渋滞だからつらいってことは聞いたことないし、ダダをこねることもほとんどないです。でも渋滞の時は時間にかかわらずみんな寝てる気がします。

posted by えすぷれそ at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。