2011年08月29日

新東名高速

新東名高速 来夏に開通前倒し 震災受けバイパス機能強化(8/26MSN産経)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110826/biz11082621370030-n1.htm
中日本高速道路(名古屋市)は26日、東名高速道路のバイパス路線として建設中の新東名高速道路のうち、御殿場(静岡県御殿場市)〜三ケ日(浜松市)両ジャンクション(JCT)間=約162キロ=を平成24年初夏に開通すると発表した。当初は25年3月末の完成予定だったが、震災など災害時のバイパス機能強化に向け、事業化を急いでいた。早ければ、24年5月の連休前の開通を目指す。
(中略)
 新東名は、海老名南JCT(神奈川県海老名市)〜豊田東JCT(愛知県豊田市)を結ぶ254キロの路線。両JCTなどで東名と接続し、東名と並行して建設されている。今回の開通区間は、新東名全線の約63%にあたる。東京〜名古屋間が東名より約10キロ短縮され、通行料金も200円安くなる。
 全線開通は32年度の見込み。三ケ日以西は26年度の開通予定だが、こちらも前倒しを急ぐ考えだ。



http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110827-OYT1T00030.htm
新東名高速道路の御殿場ジャンクション(JCT)―三ヶ日JCT間の162キロ・メートルが、2012年の初夏に開通されることが決まった。(中略)本線は、時速120キロ・メートルでの走行を前提に設計されているが、法定速度は今後、国家公安委員会で決定されるという。(2011年8月27日08時12分 読売新聞)
※引用者強調


何度か夜の東名を走っているのですが、交通量多いなって思います。2車線道がずっと続いていて、ちょっと流れが悪い。
前回の御殿場→三ヶ日(それぞれジャンクション予定地間約167km)間の「実績」(@旅レコ)は走行時間2時間ちょうど、平均車速は80kmちょっとといったところでした。

P1400611.jpg
まぁこんな感じ。やはり、トラックにリミッターありますし、トラック毎の微妙な速度差があるからしょうがないです。

来年の帰省からは新東名使えるようになるんですね。新名神のような規格の道路が続いてるようだと、いままでよりずっと走りやすそうです。

162kmを時速100kmで走ると・・・1時間37分(△23分)
    時速120kmで走ると・・・1時間21分(△39分)

120km制限が実現すれば、ですけれども、今までより40分縮まるのは大きいなぁと思います。
でも、三ヶ日の合流とか岡崎のあたりで渋滞が酷くなったらかえって時間かかりそうです。どうなるかな。



posted by えすぷれそ at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222904416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。