2010年08月31日

やまぐち号

山口線の蒸気機関車って、横浜からだと遠い遠いはるか遠くに走っているらしい乗り物で、自分が子どもの頃は、親におねだりするなんて考えもできないくらい、遠い世界の乗り物でした。
実際小郡インターまでは車で12時間くらいかかるから、やはり今でも遠いには違いないんだけど、北九州をベースにすると、「ついそこ」に走ってるように思えてしまいます。

2010080501.jpg
「快速」なので、指定券は大人510円。子どもは半額。乗車券別。
そんなわけで、運良く切符もうまく1ボックス分取れたし、乗りに行きますか。
・・・ってこんな軽い気持ちで連れて行ってもらえる子ども達が正直うらやましいですよ。
なので、九州まで車で14時間かかることくらい我慢しろ(笑)

というわけで、小倉から鈍行を乗り継いで着いたJR新山口駅。「小郡」というほうがいまだにぴんと来ます。
ここは新幹線の反対側。駅前にセブンイレブンがありました。
201008_03 (3).jpg


201008_03 (4).jpg

10:20すぎに入線。
後ろ向きで、機関車が一番後ろで入ってきました。
入って来るなり沢山の人が押し寄せてくるので、写真を撮るのは難しかったです。
201008_03 (7).jpg


201008_03 (5).jpg
乗ったのは5号車(一番機関車に近いところ)の「大正風客車」です。
もともと12系客車だろうし、なんかイマイチかなぁと思っていたんですが、これはこれで風情があります。
それにこの暑い時期、エアコンなしで乗れるほどストイックではないですよ。

201008_03 (8).jpg
「継続は力なり」って・・・某通信添削z?(笑)

途中、ちょっとホームに降りる時間があったのは一駅だけでした。
時刻表を見ると、駅と駅の間の時間が随分あるので、長く駅に止まっているのかと思ったら、単に登り坂が遅いだけのようです。

機関助手さんが石炭をならして・・・
201008_03 (10).jpg

出発。
201008_03 (11).jpg

スス。
201008_03 (12).jpg

写真を撮ってる人がたくさんいました。
201008_03 (13).jpg

津和野に着きました。
201008_03 (15).jpg

途中駅で下車する人がけっこういました。

続きはこちら
posted by えすぷれそ at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161072044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。