2006年02月11日

やっと、ミラにETCを付けた

 関連記事:首都高カードでETC・・・2800円也

 1月はじめに2800円で購入したETC車載器、やっとミラターボに取り付けることができました。取り付けに要した時間は、どこにつけようか考えてた時間が20分、その後の実作業が30分程度という感じで、意外と簡単、といったところでした。
 一応、そのあと「動作確認」しに行って、横浜新道の「予告アンテナ」にはちゃんと反応していたので大丈夫だとは思いますが。。。。
 
 
  ※素人取付ですので、正常動作を保証するものではありません。
 ※クルマはミラL200S(TR-XX AvanzatoR)(H4年)です。
20060209_1.jpg

(用意したもの)
 ETC車載器
 エーモン 電源取り出しヒューズ(15A)2個(@378円)→→
 電源テスター

 ETC取付には電源が必要です。オーディオ裏から取ったりすることもあるようですが、オーディオ裏で配線を探すのが面倒くさいのと、マーチがヒューズボックスから取っているのに倣って、ヒューズボックスから「電源取り出しヒューズ」で取ることにしました。


 ミラのヒューズボックス(写真をクリックすると大きくなります)。
20060209_3.jpg
 バッテリー電源(+B)という、キーを抜いても通電している部分と、ACCというアクセサリ電源の2本、そして、マイナス側のアース端子の3本必要です。
 
 バッテリー電源はどれにしようか、悩むところですが、「ホーン・ハザード」がひとまとめにされているところから取るがよさそう。走りには影響しないし、ホーンなんて怖くて鳴らさないし。ACCはそのままACC。

 ヒューズを抜いて、どちらに電気が来ているか、テスターでチェック。おぉ、赤く光った!
20060209_4.jpg
 ACCは下。ホーン・ハザードは上。なんで隣り合って逆なんだろう。
 ヒューズボックスのとなりのネジをアースにして、電気はつながりました。
20060209_5.jpg

 次に、本体取り付けです。

 車載器付属の「取付説明書」では、
 「窓ガラスから6cm」とか、「角度は○度」とかとかいろいろ条件がついています。でも、運転席まわり狭いからなぁ、「ハンドルの中心から左右20cmはダメ」とありますが、そればかりは、ちょっと・・・・

20060209_6.jpg
 このあたりがいいかな? 台座を仮置きして、車載器の箱についているゲージで傾き調整します。

 台座のネジを締めて角度を固定するのですが、かなり気合いを入れて締めないと、すぐに「くぴ」と動いてしまいます。かといって、気合入れすぎるとネジなめそう。最大の難関です(笑)。ネジを締めなおすこと、3回・・・・
 コードをフロントガラスの方に押し込みます。ヒューズボックスの方の余っているコードは、束ねて適当なところに押し込んで、落っこちてこないように適当に止めときます。

 完成です。こんな感じになりました。
20060209_7.jpg

(おまけ)
 最初に、コード3本あるうち、BATをつながないで、ACCとGNDだけつないだのですが、やはり動きませんでした。ただ、ACCから分岐する形でBATにつなぐと動いたら、動きました。

(おまけ2)
 ヒューズボックスのふたが閉まらなくなってしまいました。これは想定外。。。

タグ:ETC
posted by えすぷれそ at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自分の車(mira) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ・ミラ TR-XX L200S・ ミラカスタム試乗・ミラターボ、14年目に突入です・やっと、ミラにETCを付けた・ご無沙汰日記・新しい足・[車]グランツーリスモ2をした・みら・ うるうる今いずこ.....
Weblog: ミラが最高によかった
Tracked: 2007-08-13 12:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。