2009年09月08日

中部天竜

山の中の鉄道博物館、最後の夏 移転控え大にぎわい(asahi.com)
http://www.asahi.com/travel/rail/news/NGY200908290002.html
愛知県豊橋市からJR飯田線の特急で約1時間、中部天竜駅の構内にあるJR東海の鉄道博物館「佐久間レールパーク」(浜松市天竜区佐久間町)。名古屋港への「移転」に伴い11月1日で閉園が決まった今年、開館時以来のにぎわいを見せた。
(中略)
レールパークにある鉄道車両は16両。戦前に京阪神で急行電車として活躍し、流線形の車体で人気を誇った「モハ52形」(37年製造)は飯田線で定年を迎え、そのまま保管されている。「ゲタ電」と呼ばれた「クモハ12形」は・・・(以下略)


やばい!強烈に行きたくなってきた!!
東名で浜松ICから50キロ北上。ふむふむ・・・
途中には遠江二俣もある( ̄ー ̄)ニヤリ

※続きはこちら
posted by えすぷれそ at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127546785
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。