2009年06月27日

δの話題

今月半ばから新しい11000系という車両が走り出した相鉄線。
プラレールは半年くらい前から我が家で運行されていたのに、なぜか実車がなかなか出てこなかったです(笑)

で、子ども3人つれて出かけたところ、ちょうど来ました。
これが誰か一人連れて行ったときだったら、帰宅して自慢して
羨ましがる他の2人と殴り合いになるところなので、ラッキーでした。
2009062702.jpg

=============

その前日の話、同社が、日本国憲法第28条に基づく団体行動権を行使するとかで話題になってまして、わくわくしていました。

朝ニュースを聞いたら「スト決行」とのこと。
過去、確か1992年3月のときには、道路が1日中大渋滞していた記憶があったので、別会社のバスも動かないだろうし、これを口実に自らも仕事を休んでしまおう!やっほ〜!がんばれ労働者!とひとり盛り上がっていたのに、7時前という微妙な時間から動き出しまして、個人的なストライキ(休暇だけどね)も回避させられてしまったところ。実に残念だ〜。。。

2009062703.jpg

ストの代替措置(?)で、「臨時乗車証」というのをもらってきましたが、これまた、昭和の香り漂う硬券のきっぷ、下半分は黄色く変色しているものに、期限を紫のゴム印で押したもの。

実にいい雰囲気。使わずに記念に(?)取っておこうかな。


【神奈川】
ラッシュ直撃は回避 相鉄スト2時間で解除 来月4、5日の第2波も(2009年6月27日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20090627/CK2009062702000072.html
二十六日午前四時四十五分の始発から相模鉄道労働組合が実施したストライキ。午前六時五十分には鉄道とバスの運行が開始され、約五万五千人に影響したものの、通勤ラッシュへの直撃は避けられた。七月四、五日に計画されていた第二波のストも回避される。(中略)
 ストの争点は、鉄道事業分社化をめぐる会社側の対応。会社側が組合に初めて分社化案を説明したのは、株主総会が二カ月半後に迫った四月八日。組合は「労使合意なしに分社化を強行している」と批判。会社側は「経営の最終決定権は労組にはない」と対立した。
 スト開始後の団交で、会社側は「組合の理解を得られるよう十分な協議を実施する。今後の提案はスケジュールに考慮する」とする和解案を提示し、組合が受け入れて妥結した。また、この日の株主総会では分社化案が議決された。
posted by えすぷれそ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。