2013年12月27日

列車の運行不能・遅延等の場合の取扱方(JR東日本旅客営業規則)

第282条 旅客は、旅行開始後又は使用開始後に、次の各号の1に該当する事由が発生した場合には、事故発生前に購入した乗車券類について、当該各号の1に定めるいずれかの取扱いを選択のうえ請求することができる。ただし、定期乗車券及び普通回数乗車券を使用する旅客は、第284条に規定する無賃送還(定期乗車券による無賃送還を除く。)、第285条に規定する他経路乗車又は第288条に規定する有効期間の延長若しくは旅客運賃の払いもどしの取扱いに限つて請求することができる。
(1) 列車が運行不能となつたとき
イ 第282条の2に規定する旅行の中止並びに旅客運賃及び料金の払いもどし
ロ 第283条に規定する有効期間の延長
ハ 第284条に規定する無賃送還並びに旅客運賃及び料金の払いもどし
ニ 第285条に規定する他経路乗車並びに旅客運賃及び料金の払いもどし
ホ 第287条に規定する不通区間の別途旅行並びに旅客運賃及び料金の払いもどし
ヘ 第288条に規定する定期乗車券若しくは普通回数乗車券の有効期間の延長又は旅客運賃の払いもどし
(2) 列車が運行時刻より遅延し、そのため接続駅で接続予定の列車の出発時刻から1時間以上にわたつて目的地に出発する列車に接続を欠いたとき(接続を欠くことが確実なときを含む。)又は着駅到着時刻に2時間以上遅延したとき(遅延することが確実なときを含む。)
イ 第282条の2に規定する旅行の中止並びに旅客運賃及び料金の払いもどし
ロ 第283条に規定する有効期間の延長
ハ 第284条に規定する無賃送還並びに旅客運賃及び料金の払いもどし
(3) 車両の故障その他旅客の責任とならない事由によつて、当該列車に乗車することができないとき
イ 第282条の2に規定する旅行の中止並びに旅客運賃及び料金の払いもどし
ロ 第283条に規定する有効期間の延長
2 旅客は、旅行開始前又は使用開始前に、前項各号に定める事由が発生したため、事故発生前に購入した乗車券類(定期乗車券及び普通回数乗車券を除く。)が不要となつた場合は、これを駅に差し出して、すでに支払つた旅客運賃及び料金の払いもどしを請求することができる。ただし、乗車券、自由席特急券、特定特急券、普通急行券及び自由席特別車両券にあつては、その乗車券類が、有効期間内(前売のものについは、有効期間の開始日前を含む。)のものであるときに限る。
posted by えすぷれそ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | <メモ>※自分用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

「あけぼの」廃止 正式決定

2014年3月 ダイヤ改正について(東日本旅客鉄道株式会社 )
http://www.jreast.co.jp/press/2013/20131217.pdf
5.その他
□ 輸送体系を見直します
・ ご利用の減少と車両の老朽化などに伴い、寝台特急「あけぼの」(上野〜青森間)の運転を取
り止めます。なお、お客さまの多い時期に臨時列車として運転します。


報道記事

寝台特急「あけぼの」引退へ=各新幹線は高速化−来春ダイヤ改正・JR(時事)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2013122000760
JR各社は20日、来年3月15日にダイヤ改正を実施すると発表した。東北や秋田、東海道など各新幹線が高速化する一方、上野−青森間を結ぶ寝台特急「あけぼの」が、定期列車としては廃止されることになった。今後は連休などに臨時列車として運行される。
 あけぼのは1970年に運行を始め、最盛期には一日3往復が走ったが、利用者数の低迷や車両の老朽化で引退が決まった。臨時扱いの豪華列車などを除く定期運行の寝台特急は、北斗星(上野−札幌)とサンライズ瀬戸・出雲(東京−高松・出雲)のみとなった。
 一方、各新幹線は高速化や新車両導入が続く。秋田新幹線は全列車が東京−秋田間を4時間未満で結ぶほか、東北新幹線も東京−新青森間が平均9分短縮される。長野新幹線も所要時間が短縮され、2015年開業予定の北陸新幹線に使われる「E7系」車両が投入される。(2013/12/20-17:28)


「あけぼの」来春廃止に惜しむ声 青森駅(12/21 10:22)(北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/aomori/511455.html
JR東日本が20日に発表した来年3月15日のダイヤ改正で、本県と首都圏を結ぶ唯一の寝台特急列車「あけぼの」(上野−青森)の廃止が正式に決まった。利用客数の減少と車両の老朽化が主な廃止理由。青森駅などでは20日、同列車の利用客らが「来年春以降も乗りたかった」「寂しい」などと廃止を惜しんだ。
 あけぼのは1970年10月、1日1往復の定期運行を開始。旺盛な需要に支えられ、1日に3往復した時代もあった。しかし利用客数は現行の1日1往復となった97年当時と比べ4割ほど減少。車両は約40年、機関車は約30年使い続け、存続が難しくなった。
 来年3月14日に上野、青森両駅を出発し、同15日に双方に到着する列車が“ラストラン”となる。同社は来年春以降も夏休みや大型連休など繁忙期に臨時運行することを想定しているが、利用者の落胆は大きい。
(中略)
 佐藤淑子・県観光国際戦略局長は「本県にとっての観光コンテンツの一つがなくなることは寂しい。JR側とも相談し、本県観光の新たな魅力創出に努めたい」と語った。
 JRはまた、北海道新幹線の2015年度末開業に合わせ廃止される見通しの「北斗星」(上野−札幌)について、JR東日本鉄道事業本部運輸車両部の鈴木均次長は「現時点でまとまったことはない」とした


------------------------------------------------------------
ブルートレインとは関係ないけど。

東海道新幹線、車内の自販機全廃 来年3月のダイヤ改定(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASF0NGY201312200006.html
JR東海は20日、来年3月15日からのダイヤ改定に伴い、東海道新幹線車内の清涼飲料水の自動販売機を全廃する、と発表した。
 JR東海によると、1編成(16両)につき、主力のN700系新幹線で2台、700系で6台の自動販売機を設置している。しかし、1回の運行で平均10本程度しか売れていない。あらかじめ駅売店や、車内販売で飲み物を買う乗客が多いため、という。
 自動販売機は1999年3月から設置されていた。撤廃後のスペースには、車内でパソコンやスマートフォンに無線でインターネット接続できる機器を置く予定。


posted by えすぷれそ at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

軽自動車税

「平成26年度税制改正大綱」(自民党・公明党)
https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/pdf128_1.pdf
〈軽自動車税〉
(6)四輪以上及び三輪の軽自動車に係る税率を次のとおりとし、平成 27 年4月
1日以後に新規取得される新車から適用する。
             現行 改正案
@四輪以上 乗用・自家用 7,200 円 10,800 円
乗用・営業用      5,500 円 6,900 円
貨物用・自家用     4,000 円 5,000 円
貨物用・営業用     3,000 円 3,800 円
A三輪         3,100 円 3,900 円
(7)最初の新規検査から 13 年を経過した四輪以上及び三輪の軽自動車に係る税率
を次のとおりとし、平成 28 年度分以後の軽自動車税について適用する。
@四輪以上 乗用・自家用 12,900 円
乗用・営業用 8,200 円
貨物用・自家用 6,000 円
貨物用・営業用 4,500 円
A三輪 4,600 円
(8)原動機付自転車及び二輪車に係る税率を次のとおりとし、平成 27 年度分以後
の軽自動車税について適用する。
現行 改正案
@原動機付自転車 50cc 以下 1,000 円 2,000 円
50cc 超 90cc 以下 1,200 円 2,000 円
90cc 超 125cc 以下 1,600 円 2,400 円
ミニカー 2,500 円 3,700 円
A二輪の軽自動車 (125cc 超 250cc 以下) 2,400 円 3,600 円
B二輪の小型自動車 (250cc 超) 4,000 円 6,000 円


軽自動車増税、新車に限定…15年4月以降
http://www.yomiuri.co.jp/atcars/news/20131211-OYT8T00240.htm?from=os4
 軽自動車やバイクを持っている人に毎年かかる軽自動車税(地方税)は、新車を購入した人に限って増税する。
 15年4月以降の購入分を対象とする方向で、小型二輪や原付きバイクも同様の扱いとなる。増税幅は、原則として現在の1・5倍とする案が有力だ。その場合、自家用乗用車は年7200円から1万800円へ、50cc以下の原付きバイクは1000円から3000円へ、それぞれ上がる。
 軽自動車税を増税するのは、軽自動車の性能が向上していることを考慮し、普通車を持つ人に毎年かかる自動車税(地方税、年2万9500円以上)との差を小さくする狙いがある
(略)(2013年12月11日 読売新聞)


●「普通車を持つ人に毎年かかる自動車税との差」とのまとめ。
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/car.htmlより抽出。
営業用とか貨物用と自家用乗用車との差も結構あるんですが、そこは不問というか話題にもなってないところを見ると、やっぱり軽自動車ねらい打ちですかねぇ? 報じる人もほとんどいないのは、知らないだけなのか封印されてるのか。
乗用車(自家用) 1.0L以下  29,500円(基準)

→軽自動車(自家用)      7,200円(▲22,300円)
        税率改定後  10,800円(▲18,700円)
    13年経過後(H28〜) 12,800円(▲16,700円)

→乗用車(営業用)1.0L以下   7,500円(▲22,000円)
→貨客兼用車(4人乗り以上)
 積載量1t以下、1.0L以下  自家用13,200円(▲16,300円)
               営業用10,200円(▲19,300円)
→トラック 積載量1t以下   自家用 8,000円(▲21,500円)
               営業用 6,500円(▲23,000円)

3L、1,000kg積のバンの自動車税は16,000円でいいのかな?
posted by えすぷれそ at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースクリップとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

「ブルートレイン全面廃止」の記事

ブルートレイン全面廃止 JR、15年度末までに(河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/11/20131107t72026.htm
青い塗装の寝台特急「ブルートレイン」が、2015年度末までに全面廃止される方向で検討されていることが6日、JR関係者への取材で分かった。
 現在運行する「あけぼの」(上野−青森)は来春のダイヤ改正で姿を消し、「北斗星」(上野−札幌)は北海道新幹線の15年度末の開業に合わせて同年度中に廃止される見通し。戦後初の寝台特急「あさかぜ」が1956年に運行を始めて以来、半世紀以上列島を走ってきたブルトレの歴史は幕を閉じることになる。
 関係者によると、30年以上使用している客車24系の老朽化が進んでいることや、新幹線、航空機といった高速の交通機関との競争で乗客が著しく減少しており、存続が難しくなった。
 また北海道新幹線が運行する青函トンネルで、開業に向けて電気工事が始まると、新幹線と電圧が異なる北斗星の機関車では走行できなくなることも理由の一つ。乗客減で機関車を新造するコストに見合わないという。
 ブルトレ以外の寝台で、カシオペア(上野−札幌)やトワイライトエクスプレス(大阪−札幌)といった豪華列車、サンライズ出雲(東京−出雲市)、サンライズ瀬戸(東京−高松)は今後も運行を続ける。
2013年11月07日木曜日


ブルートレイン:廃止へ…JR3社、北海道新幹線開業で(毎日)
http://mainichi.jp/select/news/20131107k0000m040116000c.html
毎日新聞 2013年11月07日 07時15分
 2015年度末の北海道新幹線開業を控え、JR東日本と北海道、西日本の3社がブルートレインをはじめ、客車を使った寝台特急を廃止する方向で調整していることが分かった。
 運行開始から30年以上経過して車両が老朽化したことに加え、航空機との競争で乗車率が低下。さらに北海道新幹線開業により、利用客減少が予測されることが背景となっている。
 JR関係者によると、現段階でブルートレイン「あけぼの」(上野−青森間)が来年3月のダイヤ改正で廃止されるほか、14年度末に最後のブルートレインとなる「北斗星」(上野−札幌間)、15年度末には「カシオペア」(上野−札幌間)と「トワイライトエクスプレス」(大阪−札幌間)も姿を消す見通し。「北斗星」は年末年始やお盆期間中に限って臨時運行する。
 電車方式の寝台特急「サンライズ瀬戸」と「サンライズ出雲」(東京−出雲市・高松)はしばらく運行を継続する方針。【斉藤正利】


【要約】さて、記事の説が分かれてますが、どれが正しいのやら。
あけぼの・・・2014.3廃止
北斗星・・・2015年度中廃止or2014年度末廃止/臨時運行あり
カシオペア・・・存続or2015年度末廃止

【はて?】
 また北海道新幹線が運行する青函トンネルで、開業に向けて電気工事が始まると、新幹線と電圧が異なる北斗星の機関車では走行できなくなることも理由の一つ。乗客減で機関車を新造するコストに見合わないという。

これが理由だと、貨物はどうなるんでしょうねぇ。

posted by えすぷれそ at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電車の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。