2012年01月28日

新東名4月に開通

新東名高速道路、4月14日に御殿場JCT〜三ヶ日JCT間162キロが開通 | 自動車ニュース 【オートックワン】
http://autoc-one.jp/news/975720/
NEXCO中日本は、同社が建設を進めてきた新東名高速道路の御殿場ジャンクション(JCT)から三ヶ日JCTまでの間(約162km)を、2012年4月14日(土)15時に開通すると発表した。
同区間は当初、2013年3月31日の完成予定であったが、およそ1年前倒しされる形となった。なお、残りの未開通区間については、以下年度にて順次開通予定としている。
・浜松いなさJCT〜豊田東JCT/2014年度
・海老名南JCT〜厚木南JCT/2016年度
・厚木南IC〜伊勢原北IC/2018年度
・伊勢原北IC〜御殿場JCT/2020年度(新東名高速道路全開通)
NEXCO中日本では、4月14日の開通により、静岡県内の東名高速道路の渋滞がほぼ解消される見込みとしている。
御殿場IC〜三ヶ日IC間の交通容量は一日あたり「48,000台」だが、現在の平均交通量は「74,000台」。完全に交通容量が超過しているため、同区間では年間2,500回もの渋滞が発生していたが、開通により交通が分散すれば、同渋滞は解消されるとしている。
また、新東名では現在の東名と比べて走りやすくなっていることが一つの特徴という。
たとえば現東名ではカーブの最小半径を300mにしていたところ、新東名では3,000mと緩やかなカーブにされ、最大勾配も現東名の最大勾配が5%のところを新東名では最大2%とすることで走行中のスピードの急激な低下を抑え、快適に走行できる道路設計とされた。
なお、新東名の最高速度制限について、NEXCO中日本 東京広報部長の長谷川氏は、
「新東名は120km/hで走行できるように設計されているが、速度についての最終決定権は公安委員会になる。事故などを考慮すると、おそらくだが120km/hになるとは考えられない。確かなことは言えないが、最高速度は全線100km/hになるのではないかと思う」
と述べた。


最高速については、こちらの記事も。結局120kmは無理そうです。

続きを読む
posted by えすぷれそ at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

片ボケEX-Z2300

先日買ったCASIOのEXLIM EX-Z2300。
どうも画面の精鋭度というか、なんかぼや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っとしてるなぁ、と、自分ももやもや〜っとした気分でいるんですが、どうも最近このカメラのクセがわかってきました。


CIMG03140.JPG

ちょっとした街中で撮った写真です。リサイズしてますが。
元の3Mで撮った部分はこんな感じです。等倍。

中央部
まあお世辞にもキレイに撮れてるとは言えない。
メーカーのサンプル画像はいちばんサイズをでかくして撮ってるので条件が違うと言えば違うんだけど。
CIMG03141.JPG

そして、問題の右上部。
もうぼやぼやじゃないですか。酷すぎ。
CIMG03142.JPG

右中央くらいにあるユンボのところの等倍。
見事にユンボのアームの左右で、ピントが合っているところとぼけているところが分かれています。
CIMG03143.JPG

そんなわけで、
CIMG03145.JPG

この赤いラインをひいた外側が、ちょっと見るに堪えない片ボケをしているところなのです。あんまりだよな。

これでいて、価格comのデジカメ画質ランキングで20位(2012.1.28現在)だというのだから、どう考えてもこれ外れだろ〜。

ということで、2L判に焼いたプリントを付けて修理に出してみました。

約2週間後、戻ってきたという連絡をいただきました。
でも、レンズユニットを交換したりなんてこたあなくて、「デジタルカメラ事例集」という、QVIM-003というコードが付番された紙が入っていました。引用させていただくと(強調は引用者)、
画像の周辺がボケている


現象
・画像の周辺がボケている。
・中心付近はハッキリしている。
 現象イメージ(略)

要因
・カメラのレンズは、一般的に中心に比べ周辺の解像度が低いという特性があります。コンパクトタイプのデジタルカメラでは、レンズが小さい分この傾向が多少顕著になっております。この解像度の差により中心部はピントが合っているのに、周辺部がボケているように写ることがございます。
 誠に申し訳ございませんが、レンズの特性ですのでご了承ください。 
対処
・ズームレンズ搭載モデルでは、望遠側で撮影すると周辺のボケが多少抑えられます。

カシオテクノ株式会社



要は、

片ボケは仕様なので諦めろ

と。(太字にしちゃった)

この紙に機種が書いていないので、カシオのデジカメの一般的な傾向なのかもしれません。
画面の1/3程度を占める部分を「周辺」扱いし、ご丁寧に広角側でそういう現象が「良く出てくる」そうなのですが、カシオのデジカメの「特性」らしいので、所詮そういうもんなんだろうねと思って諦めますしかないんだろうけど、これを「特性」と言われてもすんなり了承できる気分ではないのです。

広角レンズが欲しくて買ったカメラの広角がボケてるのが特性だなんて、意味ねえじゃねえか。

新しいデジカメだから安くても良くできてると思いこんだ自分が間違いであり、とりあえず広角ってうたっておかないと売れないし、片ボケしてたって売った後なんだからシラネ、レンズのボケ気にするならもっと高いカメラ買えよこの貧乏人がゴルァ!、と言われてるような気がします(言ってないだろうけど)。確かに、大昔のトイカメ並の値段で買ったし、6,700円という、W10の4分の1の値段なので、レンズ悪いのは仕方ないんですよね。よくわかりました。すんません。

いろいろボタン設定ができたり、コンパクトなボディだったり、電池の持ちが公称で580枚と強烈に良かったり(=替えの電池を買わないでもなんとかなる)と、いいところもあるのになぁ、と思うと残念だし、そのとき同じくらいの値段でどっちにしようか迷って、LUMIXのFX77にしなかった自分の負け。

そう、宝くじ2回分スッたようなものです。
もったいなかったな。がっかりだ。


そんな中、これまで使っていたLUMIXが壊れてしまったのです。真っ黒な画面になってしまってぜんぜん写真が撮れない・・・踏んだり蹴ったりとはまさにこのことです。。。




posted by えすぷれそ at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ・写真の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

食物アレルギーの記事

食物アレルギー「食べて治す」は注意 治癒は半数以下(2012.1.24朝日新聞)
http://www.asahi.com/science/update/0123/TKY201201230646.html
 食物アレルギーの原因となる食物を食べて治す「経口免疫療法」と呼ばれる治療法を受けても、治ったと言える患者は1〜5割程度にとどまり、重い副作用を経験する例も多いことが、厚生労働省の研究でわかった。研究班は診療指針を改定し「現時点で一般診療として推奨しない」とした。
 食物の摂取量を増やしながら症状が出ないようにする治療法はまだ研究段階だが、研究班の調査では少なくとも49施設が実施、1千人以上が受けていた。
 研究班は、卵や牛乳、小麦を摂取すると、じんましんや呼吸困難など複数の症状が出る子ども179人を治療した国立病院機構相模原病院の事例を分析。原因となる食物の目標量(鶏卵1個、牛乳200ミリリットル、うどん200グラム)を3カ月間取り続けても、アレルギー症状が出なかった患者に対し、2週間休止した後、食物をもう一度摂取して症状が出ないかどうかを確認した。


 記事の元になった研究結果をぐぐってみましたが見つかりませんでした。テレビなどにも取り上げられていたみたいなので、もっと実効性が上がっていたのかと思ったのですが・・・
webの記事だと、1〜5割というよくわからん可能性が書いてありますが、紙面では、7〜8割は食べ続けている間は症状が出ない、しかし休止後も症状が出ない(治ったと診断された)のは、卵38%、牛乳10%、小麦50%、3〜5割が重い副作用を経験ということが書かれていました。

 意外と"成功率"低い・・・

 記事の続きに出ていた相模原病院で申し込んでいたのですが、事前に食物負荷試験を実施してその結果で経口免疫療法の対象に選ぶということだったのですが、試験の結果が軽かったからでしょうか、免疫療法には選ばれませんでした。
 1週間の入院が必要だし、子供心に卵は危険というのがすり込まれているので、完全加熱は大丈夫と言われても心理的に避けることを解いていかないといけません。そんな中、卵を食べさせ続けたり、「重い」副作用が出たりしたときの負担を考えると、その「1〜5割治る可能性」にかけてみるべきなのか、難しいところです。



posted by えすぷれそ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | コドモの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

AT40

土曜日、深夜に仕事から帰ってきて、寝る前にちょっとラジオでも聴こうかと、iPodTouchでradicoをいじっていたら、こんなんが。

image-20120115221732.png
全米トップ40 THE 80'S

ちょうど、1983年の年間チャートを放送していました。28年前の放送でしょう。ケーシー・ケイサムの声を聞くのは久しぶり。

アメリカントップ40というと、その昔、英語もよくわからないのに土曜の午後にFENでトップ40の40曲聞いてたし、「ぶんぶん大放送」聞きたい気がするけど最新チャートが気になるので、ラジオのダイヤル行ったり来たりさせたり、ラジオ日本からFM東京に番組が移ったものの超つまらなくなった挙句FENでも放送しなくなって結局自分もヒットチャートから遠ざかってしまったという二十数年前の記憶があります。それがラジオ日本で当時のが聞けるなんて、懐かしい限り。

こういう番組があったことに1年以上気付かないなんて、まったくの不覚ですよ。夜ラジオ聞いたりしなかったからなぁ。

でもこの番組、毎週0時から3時なんて、モロ「深夜放送」の時間帯だし、ちょっと聞くのはしんどいなと思うのです。

ところが翌日。
子どもを寝かしつけていて、眠ったのを見計らってradicoつけたところ・・・

あれ?
今日もやってる・・・

image-20120115221755.png
『全米トップ40 THE 80'S DELUXE EDITION』

前夜の番組のダイジェストのような形の番組まであるとは。それも、矢口清治さん、湯川れい子さんの声。ホント懐かしい。

かつての、FENのAT40と、ラジオ日本の全米トップ40みたいで、嬉しいです。
日曜日のこの時間なら、体内時計狂わなそうだし。これから日曜日の夜はradicoが手放せなくなりそうです。
posted by えすぷれそ at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

今日の松屋 20120112


image-20120113011357.png
旨辛ネギたま牛めし
大盛 410円@キャンペーン中。
posted by えすぷれそ at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

松屋×3

仕事始め早々、松屋3連続。

1日目。シチューハンバーグ定食。ライス大盛。
Evernote+20120109+21-44-28.jpg

2日目。中落ちカルビステーキ定食。ライス大盛。
これ限定ものなんですね。自分で好きなソースで食べれるんだけど、味付け難しい。

Evernote+20120109+21-44-32.jpg

3日目。豚生姜焼定食。ライス大盛。
これが一番しっくり来るし、ゴハンに合う。やっぱりこれがいいよ。

Evernote+20120109+21-44-37.jpg

ということで、また今週も世話になるんかなと思います。牛めし安いんよね。
posted by えすぷれそ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

本年もよろしくお願いします(2012)

遅ればせながら明けましておめでとうございます。

今年はミラが満20年になる、記念すべき(別にどうでもいいんでしょうが)年になります。

今年の年末年始は6日間きちんと取れたんですが、年賀状書きに追われたり早寝したりしてブログの更新し損ねてしまいました。誰が読んでるのかよくわからないんで、別に遅れてもさしたる問題はないんですけど、自分がromしに行くブロガーさんなんかはきちんとこの時期に総括している方も多いですしね。ちょっと見習わないと。とはいえ、こう書いておくと、例えば◯年前の正月は何をしていたのか、自分でも振り返りやすいのがあらためてわかったところです。

何年ブログ書いていても、それなりに意識しないと文章なんて上手にならないし、遅筆ってどうにもならないですね。今年はもうちょっと何とかしようと思う年頭であります。本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、今年は年賀状を初めてパソコンで作ってみました。
手書きの原稿をスキャンして写真をいっしょにWordに取り込むまではよかったのですが、インクジェットプリンタの調子が悪い。ノズルクリーニングしてもインクを新しくしても結局イエローのインクが出ずじまいなのです。インクジェットプリンタではよくある症状らしいのですが、1色減ったら写真にはなりません。結局データを実家に持ち込んで、また色合わせをして何とかプリントしたのが30日の夜。それから宛名書きをして終わったのが31日の早朝でした。

そんなわけで迎えた大晦日。
大晦日の夜は、家計簿を締めるという大事な仕事(?)があったのですが・・・
子どもたちが紅白見たいというものの、我が家のテレビはいまだにアナログのままなので、NHKラジオ第一放送で聞いてもらっていたのですが、自分は聞きたいとも思わないので別の部屋に行き、寒いので布団をかぶっていたら、そのまま寝てしまい、家計簿も締めないまま年を越してしまいました。

年明けは毎年恒例となった丹沢大山の山登り。今年は3番目の子もデビュー。どんくらいかかるかと思ったのですが、難なく1時間10分程度で山頂へ。
山頂は雪
CIMG0988.JPG
シャラシャラと音を立てて降る不思議な雪でした。

そして、正月休みの最終日。
午前中にオートバックスでちょっと買い物をしたあと、子どもたちが中井中央公園に行きたいというので、午後から東名に乗ってお出かけ。
RIMG0064.JPG
この広いグランドで思いっきり遊びたかったそうで。

2日、3日と、帰りの東名は当然渋滞なので、両日とも門沢橋を通って帰ったのですが、渋滞しないとは言いませんが意外とスムーズに流れていました。

あとは、子どもたちが天皇杯見ている時間を利用して、洗車したり、ミラのバッテリーキャリア交換したり、プジョーのブレーキランプ交換したりして、年末年始は終了したのでした。

posted by えすぷれそ at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。